まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ大阪
馬上久恵

マナー&カラースタイルコーディネートのプロ

馬上久恵(まがみひさえ)

Applause of Color(アプローズオブカラー)

コラム

似合うベーシックカラーを見つける方法

2017年11月27日

マナー&パーソナルカラー、スタイル個人レッスン教室 アプローズオブカラー 大阪福島区、堺

こんにちは。馬上久恵です。

パーソナルカラー診断後のアドバイスでは ベーシックカラーのアドバイスも行います。

ベーシックカラーといえば 「黒」が主流のイメージですが 紺やグレー、ベージュなど様々。

今年は特にグレーアイテムが多く見られます。

今日は似合うベーシックカラーの見つけ方のお話をしたいと思います。

ベージュ、ブラウン、グレーなどのベーシックカラーは どんなスタイルでも合わせやすく 着まわし効果も高くなります。

ただこのベーシックカラー、似合わない色の場合
●地味な印象になる
●コーディネートには物足りなさを感じる
など印象が大きく変わります。

例えばベーシックカラー鉄板のベージュやグレー。
いっけん同じに見えるものも
ブルーベース、イエローベースに別れています。

●ブルーベースでピンク肌の人の場合には
グレージュ(赤みの多いグレー)がおすすめです。

なぜなら 黄みの強いベージュを着た場合には 肌がくすんで見えたり シミが目立ったりします。

●イエローベースでオークル系の肌の人の場合は赤みの多いグレーを着ると

顔色が悪く見えたり 疲れた印象を与えてしまいます。

とはいえ、ベーシックカラーは基本的に色みを感じさせません。
(赤や青など色みを感じさせるものを有彩色 白、黒、グレーなど色みを感じさせないものを無彩色といいます)

◾︎似合うベーシックカラーの見つけ方
明るさにこだわります。

一番わかりやすいのがグレー

様々な明るさのものが各ショップに置かれています。

私もグレーは大好きですが かなり明るいグレーしか似合わないのです。

明るいグレーとは白の分量が多いということ。
暗いグレーは黒の分量が多くなります。

白と黒 どちらが似合いますか?

白ならば やはりグレーも明るい方が似合いますし 黒が似合うならば暗いグレーも似合います。

どちらにしても意識するのは
「明るさ」です。

どの明るさが自分にとってベストかを意識することでベーシックカラーの失敗はなくなります。

ベーシックカラーは明るさにこだわり探してみてくださいね。

✴︎人気レッスンのご案内
①コーディネートレッスン
お手持ちのお洋服をTPOに合わせて組み合わせ。
②ショッピング同行
③美容院同行

どちらのコースもパーソナルカラー診断、ファッションタイプ、スタイル診断をお受け頂いた後のサービスとなります。

体験レッスン募集中→http://mbp-osaka.com/applause/service1/
アドバイス、セルフブランディング、スタイリング、メイク、色の識別、パーソナルカラー、姿勢、歩き方
■マナーレッスンお申し込みはこちら→http://mbp-osaka.com/applause/service1/1228

■パーソナルカラー診断お申し込みはこちら→http://mbp-osaka.com/applause/service1/1227/

この記事を書いたプロ

馬上久恵

馬上久恵(まがみひさえ)

馬上久恵プロのその他のコンテンツ

Share