まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ大分
矢田公裕

親子を心身ともに健康へと導くプロ

矢田公裕(やだきみひろ)

医療法人社団ふたば会 矢田こどもクリニック / こども子育て研究所

矢田公裕プロのご紹介

病気の原因は、日々の生活の中に。自己治癒能力を活かした治療で救いたい。(2/3)

矢田公裕 やだきみひろ

地域の医療を支えてきた医師の家系に生まれて

 矢田さんは、地元・別府市の医療を、代々支えてきた家系に生まれました。明治維新時代の先祖は、コロリ(コレラ)の治療に奔走し、父親は内科医として『矢田内科医院』を開業。そんな環境下に育ったことから、自然と医者の道に進んだといいます。高校卒業後に、福岡大学医学部へ進学。ただ父親と同じ内科ではなく、「やってみたい」思いから、小児科を選びました。

 大学時代は、闘病中の子どもたちと接するうちに、その気持ちや苦しみを痛感しました。筋ジストロフィーの子どもを担当していたころ、当時は効果的な治療法がなく、はがゆい思いでいっぱいだったそうです。今でも「今だったら治療の可能性があるのに・・・」と思い返すこともあるそうですが、そんな辛い経験があったからこそ、真摯に子どもたちと向き合う、現在の矢田さんがいるのでしょう。

 中津市で勤めていた時は、はしかや百日咳などの感染病を扱うなど、あらゆる病気にまんべんなく、そして深く関わりながら、 小児科医としての研鑽を積みました。のちに勤めた、院内標榜科に循環器小児科を掲げ、国内でも有数の歴史と症例数を誇る東京の榊原記念病院では、心エコーやカテーテルについて勉強。
 
 豊富な経験とともに平成5年、地元・別府市に帰郷し、矢田クリニック内科・小児科を開設、副院長に就任。平成7年には『矢田こどもクリニック』に名称変更し、院長となったあとも、現場以外にも、インターネットや書籍などからも情報を取り入れ、傷を早くきれいに治す方法や、極力痛くない予防接種方法の検討等、常に最新、そして効果的な最善の治療法を研究・取捨選択して、診療に活かし続けました。その結果、子ども自身が持つ回復力に着眼した、抗生物質や注射をできるだけ使わない、子どもの成長を一番に考えた診療スタイルを確立できたのです。

矢田公裕プロのその他のコンテンツ

Share

矢田公裕プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
0977-22-9557

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

矢田公裕

医療法人社団ふたば会 矢田こどもクリニック / こども子育て研究所

担当矢田公裕(やだきみひろ)

地図・アクセス

矢田公裕プロのその他のコンテンツ