まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ大分
栗林英法・

時計をこよなく愛する修理のプロ

栗林英法・(くりばやしえいほう)

アンティーク時計修理・販売 フジヤマ時計店

コラム

セイコー チャンピオン 19石 修理 オーバーホール

セイコー 機械式腕時計

2014年5月27日 / 2014年11月19日更新

今回はセイコー チャンピオンの修理 オーバーホールのご紹介です。



今回の チャンピオンですが、思い入れのある、古いもので、オーバーホールして、きちんと動くなら是非使いたいとのことでした。
まず、チャンピオンですが、1960年に製造が開始されますが、17石と19石がありますが、私が目にするのは、17石のほうが多く17石に比べて19石は珍しいと思います。
1963年後半に生産終了と推測しますが、生産終了に近ずくにつれ19石が多い傾向にあると思います。
機械はセイコー クロノスの流れを継承していますが、クロノスに比べて、チャンピオンは、機械が、直線的になった印象を受けます。




この年代の時計は当店には部品取り、新品部品を含め在庫がありますし、メンテナンスで十分 時計として使うことが出来ます。
機械のほうは、動くからと言って、無理に動かされた形跡はありませんでしたが、部品の研磨や調整を必要としていました。

外装も磨きなおして、お客様にも大変喜んでいただけました。
私、個人的にもこの年代の時計が好きですし、このダイアル(文字板)も大変雰囲気があり、かっこいいと思います。






定期的メンテナンスをして、末永くお使いください。


アンティーク時計修理・販売 フジヤマ時計店
九州 大分県別府市荘園1-1
連絡先:0977-22-8818
HP:http://fujiyama.ocnk.net/

この記事を書いたプロ

栗林英法・

栗林英法・(くりばやしえいほう)

栗林英法・プロのその他のコンテンツ

Share

栗林英法・プロのその他のコンテンツ