まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ大分
栗林英法・

時計をこよなく愛する修理のプロ

栗林英法・(くりばやしえいほう)

アンティーク時計修理・販売 フジヤマ時計店

コラム

セイコー プロフェッショナル ダイバー 600 オーバーホール 修理

セイコー 機械式腕時計

2013年8月5日 / 2014年11月19日更新



今回は セイコー プロフェッショナル ダイバー 600のご紹介です。
これまたメーカーメンテナンスの出来ない時計ですが、機械はなんと 61 グランドセイコーのスペシャル機が入っており、 このままメンテナンスせずに放置しておくのはもったいない時計です。

今回は特に不具合箇所は無くスムーズな作業が期待できます。
しかし、当時の防水性は確保できないと思います。
 
このプロフェッショナルは1975年に作られましたが、世界でも初めてチタンがケースに使われております。この時計だけでセイコーは開発に7年そして20件以上の特許を取っています。 



この肉厚のチタンケースが1975年に作られていたんですから、戦後の日本の進歩と技術力は世界からもきっと脅威だったと思います。     ワンピースケースと言って裏蓋の無い構造で機密性をあげています。



このプロテクターもチタンで出来ており さらにセラミックコートが掛かっております。
潜水中、外部からの衝撃を受けても不用意に回転ベゼルが回転しないよう、しかも操作しやすいように2時方向と8時方向に切りかぎを付けて安全性を確保されています


そしてこのネジはケースのプロテクターを止めているネジですが、これもまたチタン製になります。
だいぶ痛んでましたので可能な限りネジを立て直し磨きました。
今回はここまでです。
次回お楽しみに

 関連コラム

セイコー プロフェッショナルダイバー 600 オーバーホール 修理 2 http://mbp-oita.com/fujiyama-watch/column/748/
セイコー プロフェッショナルダイバー 600 オーバーホール 修理 3 http://mbp-oita.com/fujiyama-watch/column/749/
セイコー プロフェッショナルダイバー 600 オーバーホール 修理 4 http://mbp-oita.com/fujiyama-watch/column/750/
深海の黒い顔 完結 セイコー プロフェッショナル ダイバー 600 オーバーホール 修理 http://mbp-oita.com/fujiyama-watch/column/752/



アンティーク時計修理・販売 フジヤマ時計店
連絡先:0977-22-8818
HP:http://fujiyama.ocnk.net/

この記事を書いたプロ

栗林英法・

栗林英法・(くりばやしえいほう)

栗林英法・プロのその他のコンテンツ

Share

栗林英法・プロのその他のコンテンツ