まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ宮城
酒井利和

増毛・かつら・ヘアケアのプロ

酒井利和(さかいとしかず)

トーメスヘア(株)

コラム

健康な頭皮は色で判る?(頭皮の観察)

髪のお手入れ

2015年1月11日 / 2015年1月23日更新

いつもこのコラムを見て頂きありがとうございます。

今日は「頭皮の色と髪の健康の関係」についてです。
私共での長年のカウンセリングから、いろんな症状、いろんな頭皮を見てきました。
その中で、頭皮の色と薄毛・抜け毛など髪のトラブルとの関連性があるように思います。
健康な髪は健康な頭皮が大切です。心配でしたら一度頭皮の色も注意してみてはいかがでしょうか?

一般的に健康な頭皮は、白っぽいのが健康な頭皮と云われています。
マイクロスコープなどで拡大して見ると、ちょうどゼリーの表面のような透明感があり、毛穴のところは毛根の途中まで透けて見えます。
また、多少のデコボコがあります。

ところが、薄毛や抜け毛など髪のトラブルで相談にご来店された方の頭皮は色合いが違っている場合が多いようです。
(すべてではありませんが・・・・)

例えば・・・・・・

・男性型脱毛症で脂症の方は、進行度合いにもよりますが、すこし赤みががっていてひどいと赤茶けた色合いになっている場合が多いようです。皮脂の過剰な分泌により、頭皮の色が変わってくるという説があります。

・また、紫外線を浴びた頭皮は日焼け状態となり、やや茶色から程度により色が濃くなり、場合によって赤くなっています。

・逆に白過ぎる頭皮は、一見健康な頭皮に近いのですが白髪が多い場合や、円形脱毛症の方に見受けられます。
また、白斑などの皮膚の異変によっても白くなります。もちろん元々肌が色白の方もおります。

・長く毛染めやカラーをしている方は、その影響で頭皮が茶色っぽくなっている場合があります。

・かゆみで掻いた頭皮は炎症があると赤くなり、盛り上がるか、その部分がはれ上がった感じになります。
頭皮の炎症は長く続くと、紫がかった黒っぽい色になってしまう場合がありますので、皮膚科を受診して適切な治療を受けた方が良いかと思われます。

・色とは少し違いますが、フケも多く見受けられる場合があります。

・小さな湿疹の場合は、その湿疹の大きさだけ赤く、周りは肌色の場合が多いようです。

・また頭皮にシミやホクロ、イボなどがある場合も色が違って見えたり隆起している場合があります。
このほか内臓の病気で皮膚が変色してくる場合もあるようです。

以上あくまでも、一例です。私共の経験談として参考までにしてください。
頭皮の色に髪の健康状態が現れる・・・・・・・というお話でした。


男性でしたら、遺伝的なAGAが一番の心配だと思いますが、過度に心配しても良くありませんので、健康的な生活や食事に気を付け、洗髪などの頭皮の手入れをする事が大切です。
また、頭皮に心配がある場合、刺激しないように注意し、パーマやカラーなども控えめにした方が良いかと思います。
なお、女性なら更年期、ホルモンの問題が絡んでくる場合もあるかと思われます。
お手入れのご相談は私共までお気軽に・・・・・・

なお、以前のものですが、男性編のヘアケア下記です。
http://mbp-miyagi.com/tomes-hair/column/7241/
女性編は下記です。
http://mbp-miyagi.com/tomes-hair/column/7345/


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


なお、個々の細かい事柄については、ご来店頂ければ頭皮の状況を見たうえで私共トーメスヘアーにてアドバイスをしております。(仙台駅東口徒歩3分、牛タンの利久さん、東七番丁店の二階)
また、抜け毛相談、お手入れ相談、育毛体験、増毛体験もお気軽にトライできます。
健康な髪は健康は頭皮から!
URL=http://www.tomes-hair.com/
メール=web-m@tomes-hair.com
電話=022-257-8676(毎週水曜+第3火曜定休)
電話、メール共に最初に、河北マイベストプロを見たとおっしゃって頂くと早いと思います。
このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

この記事を書いたプロ

酒井利和

酒井利和(さかいとしかず)

酒井利和プロのその他のコンテンツ

Share