まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ宮城
鴇田誠治

遺言書作成と相続手続きのプロ

鴇田誠治(ときたせいじ)

ライフパートナーズ行政書士事務所

コラム

子どもさんがいないご夫婦は遺言書を作ってください

遺言書のこと

2015年7月30日

相続人には順位がある、というのはお聞きになったことがあるかと思います

第1は「配偶者と子ども(または孫)」 第2に「配偶者と両親」 第3は「配偶者と兄弟姉妹」の順となります

子どもさんがいない場合(先にお亡くなりになっていてお孫さんがいる場合は除く)の相続人は第二順位以降の両親か兄弟姉妹です

よほど若くしてお亡くなりになった場合は別として 大抵の場合は亡くなった配偶者の兄弟姉妹(または甥・姪)が相続人になるケースが多い

ご自身が亡くなったあと、妻や夫が自分の両親や兄弟姉妹と話し合いをして遺産分けをしなければならなくなるんですね

話し合いがスムーズに進めばよいのですが・・・
なかなかどうして、これがスムーズに進むケースはまれです

「はんこ代」という基準の曖昧な問題もありますし、法定相続分を主張されるケースも決して少なくありません

配偶者がわざわざ親戚をまわって頭を下げて署名と印鑑をもらってくるなどというような事態を避けたい場合は、必ず遺言書をお作りください

そしてこの場合は必ずご夫婦お二人で遺言書を作ること

どちらが先に亡くなるかなんてことは誰にもわかりませんから

 

  
☆☆☆ 初回のご相談は無料です お気軽にどうぞ ☆☆☆

相続対策・相続手続き・終活のことなら! 

ライフパートナーズ行政書士事務所 代表行政書士 鴇田誠治

仙台市宮城野区二の森2番20号(七十七銀行幸町支店様向かい)

〇 ご相談ご予約ダイヤル 0120-668-130

〇 WEB https://ライフパートナーズ.jp/
  

この記事を書いたプロ

鴇田誠治

鴇田誠治(ときたせいじ)

鴇田誠治プロのその他のコンテンツ

Share