まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ宮城
鴇田誠治

遺言書作成と相続手続きのプロ

鴇田誠治(ときたせいじ)

ライフパートナーズ行政書士事務所

鴇田誠治プロのコラム一覧:相続のこと

今回は、ご相談の多い「遺留分」について解説してみたいと思います。 遺留分とは 遺言を作るときにあらかじめ考えておかなければいけないのが「遺留分」です。財産を所有しているあなたは、自分の財産をどのようにでも扱うことができます。この原則は、あなた自身の相続に関しても...

今回も、相続による権利の承継についてよくある疑問・質問を集めてみました。 生命保険(死亡保険)金 生命保険(死亡保険)金を受け取る権利は、保険契約によってその権利が生じますが、特別な事情がない限りは受取人の固有財産となりますので、相続の対象にはならないとされています。...

相続による権利の承継について、よくある疑問・質問を集めてみましたので、ご参考になさってください。 亡くなった夫名義で借りたアパートにそのまま住み続けられますか? 賃借権は相続の対象になり、妻や子は相続人としてその権利を引き継ぎますので、そのまま住み続けることができます...

 Question : 相続を放棄したら相続分は変わるの? Answer : このご質問については、具体的な事例を想定してご説明しますね。○○家の親族関係図このような相続関係で、○○一郎さんが亡くなってしまい、相続人は妻の一美さんと、長男の二郎さんの他、お嫁に行った長女の次子さ...

『実家の土地建物と預貯金が相続財産です。』こんな財産構成になっているお宅はかなり多いと思われます。預貯金だけであれば、複数の相続人が平等に相続することは可能ですが、そこに土地建物がはいってくると、平等に相続するといっても難しくなってきます。もちろん、法定相続分に応...

相続財産と聞かれて、まず頭に思い浮かぶのは、預貯金と不動産(土地・建物)ではないでしょうか。さて、その不動産の名義人ですが、大抵の場合「父親」が多いのではないかと思います。そして、その不動産を相続をするのは「母親と子供」となるケースが比較的多いかと思います。そこで...

相続関係において、誰が相続人になるかはとても重要なことです。今回は、胎児や養子、非嫡出子や内縁の妻が相続人になるのかならないのかについて解説します。 内縁関係の人 入籍していないが、長年にわたり被相続人と夫婦同然の暮らしをしてきた、いわゆる内縁関係にある人は配偶者とは...

相続対策は一般的に「相続税対策」・「節税対策」・「争族対策」に大まかに分けられます。最も大切なのは「争族対策」であると私は考えますが、今日ご紹介する「養子縁組」は「節税対策」の一つとして取り上げられているものの一つです。 養子縁組制度はどんな制度? 養子縁組というと、...

 相続人に行方が分からない人がいる場合 遺産分割協議は相続人全員が合意しないと成立しませんが、相続人の中に行方の分からない人(不在者)がいる場合どうすれば良いのでしょうかまずは、親戚や友人・知人に確認してみましょう。働いていたことがあれば、その会社の人に聞いてみるの...

 未成年者が相続人となる場合はどうなるの? 未成年者が相続人となる場合の遺産分割では、親権者が未成年者を代理するのが原則です。これは、判断力が未熟である未成年者を保護しようという考え方に基づくものです。しかし、親権者と未成年者の利益が相反する(利益の対立する双方の立...

 遺言書が見つかったけれど・・・ 被相続人が遺言書を作っていた場合には、その遺言書の内容に従って「誰がどの財産を相続するか」が決められます。遺言書があれば、故人の意思が最優先されますので遺言書の内容どおりに遺産の分割が行われることになります。ところが、その遺言書の中...

相続する財産の割合は法律で定められていますこれを法定相続分といいますが、これは誰が相続人になるのかによって異なります 1.配偶者と子供(孫など)が相続人の場合 【 配偶者 : 2分の1 / 子供 : 2分の1 】☆☆ ここに注意! ☆☆1.子供が複数いる場合は2分...

 1.法定相続分にこだわらなくてよい 法定相続分は、相続人間の話し合いで遺産の分け方を決める場合の目安です法定相続分どおりに相続しなければならないというのものではありません詳しくは昨日のコラムをご確認ください 2.二次相続のことも考慮する 一次相続は「両親どちら...

 遺産分割協議は法定相続人全員の合意が必要 協議による遺産分割の場合には、必ず法定相続人全員の合意が必要で1人でも協議に参加しない相続人がいれば無効になります行方知れずの相続人がいれば探さなくてはなりませんし、「○○は以前相続したくないと言っていたからあいつを除いて手続を...

 今回は相続手続きに使用する戸籍について 相続手続をするためには、亡くなった人の「生まれた時から亡くなった時までのすべての戸籍」が必要ですこれはどういった意味なのでしょうか?故人が亡くなった時点の戸籍謄本(または除籍謄本)をご覧になった方は、生まれたことも亡くなった...

鴇田誠治プロのその他のコンテンツ

Share