まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ三重

プロのコラム一覧

プロが執筆するコラムを新着順でご紹介します。

後藤宏也

後藤宏也プロ

SEO対策サービスの詳細ページ追加しました。

WEB改善・解析・集客アップ 2018-02-05

当オフィスの公式サイトにWEBコンサルティングの中の商材の一つ、SEO対策サービスの詳細ページを追加しました。 【SEO対策サービスのページを見る】  あなたの会社やお店のホームページは有効活用できていますか?  ホームページはあっても、「思うように成果が出ない。」、「ホームページから問い合わせや注文があまり来ない。」など、もしかして、検索順位が低いのが原因かも知れません。 ...

松林秀典

松林秀典プロ

立春

建築家の独り言(日記) 2018-02-04

昨日は節分でした、そして今日は立春です。 暦の上では春が始まり、この節分が24節季の一番最初の行事でもあります。 今日の立春は躍動の春のスタートであり、冬の静寂をしっかりかみしめて春へ向けての準備を始める時とも言えるのではないでしょうか。 年度末の忙しさが始まるこの2月、ちょっとした突貫工事が始まり、また次年度への引き継ぎなども重なってかなり時間に制約がかかってきてはいます...

松林秀典

松林秀典プロ

コーチングの活用

建築家の独り言(日記) 2018-02-03

コーチングを学んでいるとここでよく書いているのですが、コーチングって聞いたことがあるけどどんな効果があるのかわからないとか、そもそもコーチングを知らないという方も多いかと思います。 僕自身、今の学びを始めるまでコーチングというものが何なのかよく知りませんでした。 コーチングの定義はというと、人のやる気や能力を引き出すコミュニケーション技術などと言われています。 単なるコミュ...

松林秀典

松林秀典プロ

境界線を考える

建築家の独り言(日記) 2018-02-02

土地家屋調査士の仕事は境界の専門家ということで、土地の境界を考える上での専門家として活躍するのですが、実を言うと建築士にとっても「境界」というものは大きな要素だったりします。 境界と言っても、土地の境界ではなく、建物の人の流れや使用目的で分類していく上での境界線をどのように考えるかということが、建築計画において非常に重要な要素を占めています。 例えば、エアロビクススタジオの隣に会...

後藤宏也

後藤宏也プロ

サンクスオート様のホームページを制作しました

ホームページ 車販売・カーメンテナンス 2018-02-02

 サンクスオート  四日市市天ヶ須賀の国道1号線と23号線を結ぶ幹線道路沿いにあるサンクスオートWTB様は、創業以来、地元のみなさまに愛され続け20余年。信頼と実績を積み重ねてきました。 若い頃、サラリーマンから一念発起し、独立したオーナーの渡部様はスポーツ大好きなスポーツマン。 野球・サッカー・ゴルフと休日には何かしらのスポーツをして過ごしています。 また、本業...

松林秀典

松林秀典プロ

1月を振り返る

建築家の独り言(日記) 2018-02-01

今日から2月ですね。 色々な出来事がありすぎて、あっと言う間に1月が終わってしまった感じがします。 ある方が「1年は12カ月じゃない、11か月しかないと思いなさい」と言っていた事を思い出してしまいました。 とはいっても1月は本当に幸先よいスタートが切れたと思います。 まず、昨年末に学び始めていた、「生涯学習コーディネーター資格」の合格通知が届いたことをはじめに、11月...

松林秀典

松林秀典プロ

地域の特性を知る

建築家の独り言(日記) 2018-01-31

以前から再三このコラムでもお伝えしていますが、僕は工務店や建築家は地域に根付いて仕事をするべきだと考えています。 地域を活性化するためには、地元をよく知る人間が地元の良さを伝え、そしてその街にいたいと思わせる空間を作ることが大切です。 その空間を考えることが、地元の建築屋の役割だと僕は考えています。 地域の工務店や建築家にはその地域の特性を知っているという利点があります。 ...

石井宏明

石井宏明プロ

よい学習の流れを作ろう

2018-01-30

成績を上げるためには学習の質と量が必要です。「量」は勉強時間を指しますので解りやすいのですが、「質」はさまざまな要素が含まれています。 集中力もそうですし、勉強法も含まれます。その中で特に大切なのが「無理と無駄」を極限まで排除する、いわゆる学習の効率化です。 生徒たちの学習場は「学校」「家庭」「塾」です。それぞれの「場」には、それぞれの学習課題があります。 それらを無駄なくプロデュース...

松林秀典

松林秀典プロ

夢予告宣言

建築家の独り言(日記) 2018-01-30

今日は学びを続けるコーチングのインストラクター認定試験を受験してきました。 結果は無事合格。 コーチングを学び始めたきっかけは、自分の講師としての講師力の向上に使えないかというものでしたが、学ぶにつれてもっと知りたい、自分が操れる技術にしたいという思いが強く芽生え、ついにインストラクターとして認定を頂くことができました。 インストラクターの認定試験は、自分が伝えたい相手に向...

松林秀典

松林秀典プロ

市議会議員選挙

建築家の独り言(日記) 2018-01-29

昨日は津市議会議員の選挙でした。 投票率が46%と非常に低いものだったことに驚きを感じています。 僕自身は期日前投票で投票は済ませ昨日は仕事をしていました。 市政というのは比較的身近で、市議会議員というのは本当に自分の傍で声を聴き、議会に届けて住みよい街を作る方々なので、大切な投票の権利はしっかり行使したいところですし、もっと多くの人に興味を抱いて欲しいと感じるところでもあ...

松林秀典

松林秀典プロ

寒さ対策

建築家の独り言(日記) 2018-01-28

津の市議会議員選挙が行われるこの時期は、いつも思うのですがとても寒くなることが多いです。 今回も例によって、雪が積もる日があったりと寒い日が多くありました。 今日も午後からは雪が降るような、本当に冷える一日になっていますね。 我が家のメダカが生活しているビオトープも昨日は厚い氷が張っていました。 この寒さと上手く付き合っていくために、ちょっとでもお部屋を効率的に暖める...

松林秀典

松林秀典プロ

資質

建築家の独り言(日記) 2018-01-27

実を言うと、30日に今学んでいるコーチングのインストラクター認定試験を控えており、その試験に向けて自分自身のセミナーテキストを作成しています。 元々あまり得意ではないパワーポイントを使った資料作りですが、どうにか自分らしさを少しは取り入れたモノになってきたと思います。 内容についても、まだまだ盛り込みたいことはたくさんありますが、基本的なことをしっかりと伝えるという意味においては...

松林秀典

松林秀典プロ

火災にご注意を

建築家の独り言(日記) 2018-01-26

毎日寒いですね。そして乾燥がひどい。 自分だけでなく子供たちも乾燥で肌がかゆいと毎日悩んでます。 乾燥と言えば「火災」にも気をつけたいものです。 火災の発生はやはりこの時期に多くあります。 暖房器具による火災や、焚火による延焼など一度火がついてしまうと、乾燥で周囲への延焼が加速されてしまいます。 家事の場合、隣家が火元で延焼の被害を受けても火元からの補償はほとん...

松林秀典

松林秀典プロ

人を真似る

建築家の独り言(日記) 2018-01-25

物事を習得する時って、どのような手順で行っていますか。 僕は上手くできる人のやり方を真似ることを大切にしています。 建築の業界、特に職人さんたちは手とり足とりすべてを教えてくれるということはあまりなく、小さな時からそういう環境で育ってきた僕は、人の真似をすることで物事をマスターしてきました。 ただ真似をするだけだと2番煎じになってしまいますが、そこに自分のできる限りのオリジ...

松林秀典

松林秀典プロ

プロとして必要なもの

建築家の独り言(日記) 2018-01-24

昨日の午前中、僕の今年の挑戦の一つである、絵本作家のぶみ全国公演会のチラシの製作について相談するためにイロデザインさんの方にお邪魔をさせていただきました。 色々とお話をしていくうちに、業種は違えどプロとして考える理念に共感する部分も多く、中でも「地域貢献」をテーマにされてみえるあたりに大きな感動と共感を得ることができ、今後ののぶみ講演会の活動にご協力いただくことにしました。 僕自...

松林秀典

松林秀典プロ

自分で決めるパワー

建築家の独り言(日記) 2018-01-23

物事って自分で決断した時はとてつもないパワーを持って行動できるものですが、何か迷いがあって他人の助言などを得てしまうと、ついつい「あの時○○すればよかった」等と、人のせいにしてしまいがちで、失敗しても反省しないなんてことにつながったりしてしまいます。 僕自身気をつけていることは、現場や建築士の指導をしている時に、悩んでいる人に声をかけるのですが、いきなり「ここをこうすればいい」といった...

松林秀典

松林秀典プロ

市議会議員選挙

建築家の独り言(日記) 2018-01-22

我が町津市では昨日から市議会議員選挙が始まりました。 津市は建築の面からみても素晴らしい建物があったり、観光資源も多数あるのですが、なかなか人が集まらない町であり、子育ての観点で見ても、子供が安心して遊べるような全天候型の適当な施設が見当たらないといった感じで、魅力が薄い街になりつつあります。 僕の場合はやっぱり空き家問題の解決や、農村地域の活性化、そして子育て支援について考える...

松林秀典

松林秀典プロ

欲求を持つ

建築家の独り言(日記) 2018-01-21

いきなりとんでもないタイトルですみません。 昨日受講した企画力・ひらめき力トレーニングの講座を終えて、人間に大切なモノって「欲求」なのかもしれないと感じました。 「今のままでいい」とか、「別に欲はない」と言っていると、何もアイデアは思い浮かびませんが、「何のためにこれをするんだろう」とか「これをもっとよくするにはどうすればいいんだろう」と考えることで、色々なアイデアが浮かんでくる...

松林秀典

松林秀典プロ

人とのつながり

建築家の独り言(日記) 2018-01-20

今日は午前中、Mブリッジさん主催の「企画力・ひらめき養成講座」に参加させていただきました。 建築の業界で、普通に仕事をしていく上ではあまり求められることのない、「企画力」であったり「ひらめき」ではありますが、最近PTA活動や地域活動への参加や、絵本作家のぶみ講演会の企画をするなど、自分の中で今までとは違った経験をすることが多くなり、その中で「企画」を求められたり、「ひらめき」が必要とな...

伊藤寿浩

伊藤寿浩プロ

秘密意匠制度

2018-01-20

商品が売れる要素は複数ありますが、デザイン性の良し悪しも売れ行きに大きく影響するのではないでしょうか。したがって、各企業・団体等において新商品のデザイン開発にも大きな力を注いでいることでしょう。  しかし、せっかく苦労して独自に開発した商品デザインを他人に模倣されたのではたまったものではありません。そこで、物品の美的外観(いわゆる商品デザイン)を保護し、他人の模倣を防ぐ独占排他権として...

松林秀典

松林秀典プロ

期待

建築家の独り言(日記) 2018-01-19

昨日は名古屋でソーシャルイントラプレナー養成講座に参加した後、日建学院さんで一級建築士の講師会議に参加してきました。 ソーシャルイントラプレナーの方では、自分の考えていることを期待している地域が三重県に存在しているということを知るきっかけも与えていただき、次回の地域体験研修にも参加してみたいと考えています。 また、日建学院さんの講師会議の方では、今年度の受講生の申し込みがすでに続...

髙橋亮

髙橋亮プロ

外壁塗り替え時期のサインとなる劣化症状

外壁塗り替え 2018-01-18

耐用年数は、アクリル塗装は5~8年程度、ウレタン塗料は6~10年程度、シリコン塗料は8~15年程度、フッ素塗料は12~20年となっています。 屋根は、建物の部位の中で最も雨や日光にさらされるので、できるだけ耐用年数が長く高性能の塗料を選ぶ方が良いでしょう。 耐用年数を考えれば、価格は高めになりますがフッ素塗料がおすすめです。フッ素塗料のほか、耐久性と価格のバランスがとれたシリコン...

松林秀典

松林秀典プロ

ソーシャルイントラプレナー

建築家の独り言(日記) 2018-01-18

今日のタイトルは、なんだか意味が良くわからないという人も多いかと思います。 僕自身もこの言葉の意味をしっかり説明しろと言われると、正直難しいというのが本音です。 まず、イントラプレナーとは何かというと、企業内において新しいビジネスを立ち上げる際、その責務を担うリーダーとなる人材の事を意味していて、一般的に「企業家」という意味の「アントレプレナー」と対比して「社内企業家」という意味...

石井宏明

石井宏明プロ

河合塾バンザイシステム

2018-01-17

3時から公開になったのでいろいろやってます。 今年石井進学塾グループでは国公立志望が4人。第一志望で見ると2名はB判定、2人はE判定でした。 今年は科目での凸凹が大きかった生徒が2名おりいろいろ調べると最適な大学が見つかりました。 この分野なら自塾以外の生徒さんでもいろいろアドバイスができそうです。 B判定の2名は確実に合格させE判定の2名は志望校を変えて逆転合格を目指します。

松林秀典

松林秀典プロ

和顔愛護の精神

建築家の独り言(日記) 2018-01-17

皆さんは和顔愛語(わがんあいご)という言葉をご存知でしょうか。 お釈迦様の言葉で、和顔とは穏やかな顔を、愛語とは人を温かい気持ちにする言葉を意味する言葉です。 30日に控えている、コーチングインストラクターの試験の資料を作っていて、この言葉を思い出しました。 自分が困難な課題にチャレンジし、やり遂げた時って、必ず最高の笑顔が生まれ、とても穏やかな気持ちで素敵な言葉が自然に発...

松林秀典

松林秀典プロ

父親の育児と地域社会と働き方

建築家の独り言(日記) 2018-01-16

日頃から、地域の大人が子供達に対し、「将来この街に戻って生活したい」と考えるような街づくり・地域づくりが必要と考えているのですが、それには地域ボランティアや小学校のイベントに父親が参加することが大切だと僕は思います。 父親がボランティア活動をすることで、「この街の大人って素敵だな」と子供達が感じてくれることが、子供達がこの街に戻りたいと考えさせる一番のきっかけだと考えるからです。 ...

髙橋亮

髙橋亮プロ

外壁塗り替えにかかる費用の目安

外壁塗り替え 2018-01-16

アクリル塗料の耐用年数は5~8年で、外壁を塗り替える場合の坪単価は、5,000~8,000円、ウレタン塗料の耐用年数は6~10年で、外壁を塗り替える場合の坪単価は、6,000~8,000円となっています。 一方、シリコン塗料の耐用年数は8~15年で、外壁を塗り替える場合の坪単価は、8,000〜14,000円、フッ素塗料の耐用年数は12~20年で、外壁を塗り替える場合の坪単価は、11,0...

松林秀典

松林秀典プロ

視点を変える

建築家の独り言(日記) 2018-01-15

物事をある一つの視点から見ていると、気づけることも気づけない場合があります。 色々な視点で見ることによって、普段の生活からたくさんのものを吸収できます。 もちろん、専門家として専門的な観点で見ることによって、始めていく建築物でもおおよそでトイレの位置を検討したりすることは可能ですが、全く違う分野の視点を入れることで新たな発想もわき上がってくることも事実なんです。 例えば、子...

松林秀典

松林秀典プロ

乾燥と病気

建築家の独り言(日記) 2018-01-14

県内ではインフルエンザが流行している様ですが、我が家にもその波がやってきました。 家族全員がダウンとならないよう、しっかりと注意したいと考えています。 冬場の乾燥状態がインフルエンザの原因とも言われています。 乾燥状態からはドライアイや普通の風邪なども引き起こす要因ともなりますが、この季節は女性の方はもちろん、小さなお子様がおみえであれば子供の乾燥肌も気にかかるところではな...

石井宏明

石井宏明プロ

小論文対策は石井進学塾におまかせください 松阪市の高校生の皆様へ

2018-01-14

あなたは小論文の試験の指導(添削)を受けたことがありますか? あなたが以下のようなことを感じているようであれば、それはかなり遠回りの やり方をしていると思います。 ●添削答案が返ってきて、添削のダメだしはわかったがどう訂正したらいいかわからない。 ●そもそも小論文と作文の違いがわからない。 ●書き出しがわからない。 ●何を書いたらいいかわからない。 ●難しい知識がないと小論文...

Share