まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ三重

プロのコラム一覧

プロが執筆するコラムを新着順でご紹介します。

松林秀典

松林秀典プロ

コーチング

建築家の独り言(日記) 2018-05-31

今日はコーチングのお勉強デーでした。 コーチングは学べば学ぶほど奥が深く、学ぶたびに新たな発見があり、自分自身身につけていきたいことが増えていきます。 とはいってもコーチングそのものは学問ではなく、あくまでコミュニケーションのツールなので、学びを深めなくてはというよりは、また新たなことを知ることができたということに喜びを感じながら、学びを深めている感じで、国家試験等の勉強とは違っ...

松林秀典

松林秀典プロ

防犯対策

建築家の独り言(日記) 2018-05-30

昨日のコラムでNPO法人三重県防犯設備協会の理事になったことをお伝えしました。 そちらで、スキルアップセミナーというものが開催され防犯についての講習があったのですが、面白いことに三重県の田舎の方の方は「施錠」をしない習慣があるそうで、空き巣に入られた後に警察が「鍵くらいかけてもらわないと」とお願すると「隣の人に迷惑かけるからあかん!」と返答があるそうです。 田舎のつながりは本当に...

松林秀典

松林秀典プロ

NPO法人防犯設備協会

建築家の独り言(日記) 2018-05-29

今日はNPO法人三重県防犯設備協会の定時総会に参加してきました。 平成28年に防犯設備士の資格を取得し、それから個人会員としてNPO法人防犯設備協会の会員となっていましたが、今日の定時総会において当協会の理事に就任する運びとなりました。 防犯設備士としてはかけだしの僕ですが、この業界にとっては建築の知識は欠かせないものなので、僕の建築士としての知識や経験を活かして、協会の発展はも...

松林秀典

松林秀典プロ

情報の扱い方

建築家の独り言(日記) 2018-05-28

インターネットが普及して、色々な情報が簡単に手に入るようになりましたね。 一方でフェイクニュースのような悪ふざけ的な情報もたくさん出回っていて、情報をどう扱うかによって状況が一変してしまう世の中でもあります。 災害などの時にも様々な情報が流れます。 東日本大震災の後、放射能にうがい薬が効果があるから飲めばいいとか、海藻が放射能を打ち消してくれるなどといった根拠のない情報が流...

松林秀典

松林秀典プロ

空き家の末路

建築家の独り言(日記) 2018-05-27

空き家となったお家、どのくらい放置してしまうと、使えなくなると思いますか? 実をいうと、わずか2年で使い物にならない状態になってしまいます。 新築の家であれば、もう少しの期間は大丈夫かもしれませんが、そんな家は2年も空き家になることはまずないですね。 「2年」を長いと感じるか、短いと感じるかは人それぞれかもしれませんが、2年ってアッという間に過ぎてしまう期間だと思います。 ...

松林秀典

松林秀典プロ

カビ対策について

建築家の独り言(日記) 2018-05-26

梅雨のシーズンが近付いてきました。 この季節は特にですが、そうでなくても浴室のカビは気になるところですよね。 どんなに清潔にしていても、お風呂のカビっていつの間にか現れて掃除をしてもなかなか取れない厄介な問題かと思います。 カビキラーを思いっきり撒き散らし、ゴシゴシ洗っても又すぐカビと戦うなんていう方も少なくはないと思います。 今日の中日新聞にも浴室のカビ対策について...

松林秀典

松林秀典プロ

ガーデニング

建築家の独り言(日記) 2018-05-25

ガーデニングが好きという方もたくさんみえると思いますが、庭があるとどうしても気になるのが虫。 綺麗な花を咲かせてくれることで、心を癒してくれるのですが、少し放置してはっぱを生い茂らせてしまうと、蚊やその他の虫が近付いてきちゃったりしますね。 我が家も昨年までは毎年アサガオやフウセンカズラを育てていたのですが、草木の世話の苦手な僕は、知らないうちに伸び放題にしてしまい、手入れしよう...

松林秀典

松林秀典プロ

建築と子育て

建築家の独り言(日記) 2018-05-24

建築というのは、建物だけではなく街を作ることも仕事だと考えています。 建物や道路が整備されていけば、当然街は出来上がります。 しかし、それだけで本当の街づくりとは言えません。 街というのは、その地で育った子供達が大きくなって、その地でもう一度活躍したいと考えさせることができてこそ、本来の姿だと僕は思います。 そういった意味で、地域のボランティアの方々と子供達が接するこ...

松林秀典

松林秀典プロ

単位

建築家の独り言(日記) 2018-05-23

最近2年生になる次女が、算数で定規で長さを測ることを学んできたり、4年生の長女が180°を越える角度を学んだりと、建築をしている僕にとってはなじみのあることを学習している様です。 とはいっても、建築の世界では一般的なcm・㎜はもちろん、寸・尺などの尺貫法やインチ・フィート(配管やネジはインチ系の単位が多いです)などの単位を使うこともあり、算数で習い始めの時のcmしかない問題をみると、な...

松林秀典

松林秀典プロ

建物と共に

建築家の独り言(日記) 2018-05-22

皆さんの生活は建物と共に成り立っています。 衣・食・住のどれが欠けても、皆さんの生活は成立しません。 人が良くなると書いて「食」。 衣という字に人を加えると「依」。 そして、人が主になると書いて「住」。 衣食住すべてにおいて人が絡んでいるんです。 その中でも「主」となるのが「住」、つまり建物です。 ここで建築基準法の第一条を紹介してみます。 『...

松林秀典

松林秀典プロ

時間を作りだす。

建築家の独り言(日記) 2018-05-21

1日は24時間であることは全ての人に変わりはありません。 しかし、同じ24時間でもそれ以上に仕事をこなす人っていますよね。 僕自身も、かなり仕事量は多い方ですが、時間が足りずに困るということはあまりありません。 僕の場合は、適材適所に自分の仕事をサポートしてくれるパートナーがいるということと、自分自身の使える時間を常に意識するようにして時間を作るようにしています。 ぶ...

松林秀典

松林秀典プロ

災害対策

建築家の独り言(日記) 2018-05-20

今日の夜は、南が丘自主防災組織の総会に出席させていただくことになっています。 南が丘地区は、地域の自主防災組織がしっかりと確立されていて、その防災組織のおかげで子供たちにも災害への備えや意識付けがしっかりされていいる地区だと僕は思います。 とはいってもそういった組織にばかり頼っているわけにもいきません。 各家庭で、それぞれがいかに身を守るかということを考えることもとても大切...

松林秀典

松林秀典プロ

雰囲気作り

建築家の独り言(日記) 2018-05-19

どんなことにおいても、雰囲気って大切ですよね。 現場はもちろん、PTAの集まりや会議等は雰囲気が和やかなものと、なんとなく物々しい上体のものでは参加していても気分が違います。 そんな雰囲気を変えてくれるものの1つに「雑談力」があると思います。 なんとなく思い雰囲気の時に、さらっと雑談を入れてくれることで、話が弾んだり、その時の内容が頭に入るという経験をお持ちの方も多いと思い...

松林秀典

松林秀典プロ

新聞紙

建築家の独り言(日記) 2018-05-18

最近はネットニュースをスマホで見るなんていう方が多いので、新聞を読むという方が減っていると思いますが、新聞は読むだけでなく、様々なことに利用できるので是非新聞は読んでいただきたいと思います。 というのも、先日このコラム内で新聞紙を上手く活用してジメジメした湿気と戦いましょうなんてお話を紹介しましたが、 新聞紙の活用はそれだけにとどまらないといったこともチラッと書かせていただきまし...

松林秀典

松林秀典プロ

知識を操る

建築家の独り言(日記) 2018-05-17

情報や知識を手に入れることが容易な現代は、プロが知るべき情報ですら手軽に誰でも手に入れることができます。 なので、誰にでもプロ顔負けの知識を手にすることができるという、ある意味便利な世の中になってきました。 一方で、それだけ情報があるということはプロとしても、仕事がやりづらい点は増えてくることも事実です。 しかし、プロと素人の大きな違いが1つあります。 それは、手に入...

後藤宏也

後藤宏也プロ

「はじめに」のページを追加しました。

WEB改善・解析・集客アップ 2018-05-17

当オフィスのオフィシャルページに創業経緯や理念などをご紹介したページ「はじめに」を追加しました。 数年前までは、WEB制作がほぼメインでしたが、近年ではSEO対策やMEO対策、内部施策、リスティング広告など、お客様のホームページをどう活用すれば、売上げや集客がアップするのか。 また、求人難と言われる現在もそれに応えるためにホームページをどう活用すればいいのかを提案できる商材も扱え...

松林秀典

松林秀典プロ

天気傾向

建築家の独り言(日記) 2018-05-16

仕事柄、天気についてはかなり気にする方なのですが、今年は梅雨に入るのが早いと言われていて、いよいよ雨の多くなる季節が来るのかなと思うと、ちょっと気が重くなってきています。 さて、そんな雨の季節は家庭の主婦の皆さんにとっても、洗濯物は外に干せない、湿気と暑さで生ごみは臭くなる等といったことで、大変な季節でもありますね。 そんな大変な季節を身近なあるもので、乗り切る方法を考えてみまし...

松林秀典

松林秀典プロ

地域の子供達

建築家の独り言(日記) 2018-05-15

新潟では信じられないような事件が起こりましたが、過去の似たような事件を見ていると犯人が近隣の住民であるケースが多いようですね。 地域の子供達の安心・安全を守るはずの地域の大人がこういった事件を起こしていることを知ると、どうして止められなかったのか、何故こんなことになったのか、本当に信じられない思いでいっぱいになります。 本来であれば、子供達は地域の大人を見て育つものです。 ...

松林秀典

松林秀典プロ

見積り

建築家の独り言(日記) 2018-05-14

色々な現場の見積りをさせていただきますが、建築の見積りって難しいところがたくさんあります。 中でも一番難しいと言えるのが、現場を見ることもなくお客様のお話だけで「概算でいいから金額を知りたいんです」というケースになります。 ハッキリ言って、現場を見ない限りは見積りはあくまで予測にしかすぎませんので、実際に必要となる金額との差が大きくなる可能性が高くなります。 また、現場を見...

石井宏明

石井宏明プロ

子ともに必要な思考力とは PART2

2018-05-14

お子さんにとって大切な思考の仕方としては、何にでも興味をもって一生懸命にやることが大切であると思います。特に幼児期には、この考え方はあった方が良いでしょう。  このほかにも、親に対する感謝の気持ちを教えることも大切だと思っています。例えば、親に習わせてもらっている、送り迎えをしてもらっているなどですが、このようなことに感謝する気持ちを持つことも教えています。   また、あいさつの...

石井宏明

石井宏明プロ

子ともに必要な思考力とは PART1

2018-05-14

なぜ、お子さんの教育には「読み・書き・そろばん」の寺子屋形式が理想なのでしょうか。私は、お子さんの脳力を高め、色々なことに興味や好奇心を持つお子さんに育てるためには、寺子屋を通して「読み・書き・そろばん」を教えながらお子さんに接していくのが最も良いと思っています。そこを掘り下げてみましょう。  脳力の中でも最初に必要となるのは、インプットとアウトプットの力です。インプットとは受け入れる...

石井宏明

石井宏明プロ

定期テストで点を取り内申点アップために必要な考え方

2018-05-13

前期の中間テストが近づいてきました。そこで定期テストで点を取り内申点アップために必要な考え方を 書かせていただきます。 わからない(できない)⇒ わかる ⇒ できる わかるで満足していると点数が伸びません。できるようになってはじめて点数が取れます。 絶対にわかるをゴールにしないでください。 具体的にいうと・・ (テスト)勉強計画の仕方 1 何時に始めるか    2...

松林秀典

松林秀典プロ

雨の季節

建築家の独り言(日記) 2018-05-13

今年も梅雨のシーズンが近付きつつありますね。 今年は5月も梅雨の様なジメジメとした日が多くなるような予報も出ており、さらには梅雨明けが早く夏がかなり暑そうな予報も出ています。 ジメジメの季節が短いのもいいような気はしますが、夏の気温が上がるのはちょっと嫌ですね。 そんな雨の季節を前に、あのジメジメとは何かについて考えてみます。 簡単にいえば「空気中の水」がジメジメの空...

松林秀典

松林秀典プロ

地域の力

建築家の独り言(日記) 2018-05-12

今週は、子供に関する痛ましい事件や事故のニュースを耳にすることの多い一週間だったように思います。 滋賀では雨の中の事故、新潟では信じられないような事件に巻き込まれるといった報道を聞くたび、我が子のことはもちろんですが、地域の子供達のことをしっかりと見守ってあげなければという思いにかられます。 そんな中、昨日は小学校で地域の方と保護者と教職員が一同に会する合同地区懇談会という催しが...

松林秀典

松林秀典プロ

使用する電力

建築家の独り言(日記) 2018-05-11

皆さんは御自宅の契約電力を把握できているでしょうか。 一般的な家庭では大体40A~60Aくらいの範囲での契約がほとんどかと思います。 では、40Aでブレーカを落とさず使える家電の限界って考えたことはありますか。 家庭で使う電化製品の、必要電力を見てみると次のようになります。 室内灯..2A エアコン..6A(冷房) 冷蔵庫..2~3A 電子レンジ..15A ...

森秀樹

森秀樹プロ

家を建てる依頼先を決める方法

家づくり 2018-05-11

家づくりの第一歩となる、家を建てる依頼先で悩んでいる施主さんも多いのではないでしょうか。依頼先とはいっても、ハウスメーカーや地元工務店、建築家など選択肢としても幅が広いものです。ここでは、家づくりで後悔しないための、依頼先を選ぶポイントなどについて紹介します。 ■ハウスメーカーか工務店か? 家を建てる依頼先となる会社には、ハウスメーカーや地元工務店、建築家や設計事務所などが考えら...

松林秀典

松林秀典プロ

失敗を恐れない

建築家の独り言(日記) 2018-05-10

人って失敗をする生き物だと思います。 失敗をして、それを教訓に修正していくことができればその失敗は失敗でなくなるのですが、なかなか上手くいきませんよね。 そもそも失敗って何なのでしょうか。 初めから完璧にできる人っていないんです。 失敗なんてして当たり前なんですよね。 それを、恐れるから余計に失敗してしまう結果につながると思います。 考えてみてください。 ...

松林秀典

松林秀典プロ

怒ること

建築家の独り言(日記) 2018-05-09

意外と言われることが多いのですが、僕はよく怒ります。 よくないことだと思い、気をつけていますが、ちょっとしたことで怒ってしまいます。 相手の悪い点を修正したいという思いから、怒ってしまうことがほとんどなのですが、後から考えると、相手の考えをもっと受け入れることができなかったのか、相手の先を読みすぎたのではないか、などと反省することが多くあります。 もちろん、怒ることがいけな...

松林秀典

松林秀典プロ

害虫対策

建築家の独り言(日記) 2018-05-08

春から夏に移り変わろうとするこの時期、どうしても「ムシ」という嫌な連中が増えてきます。 虫コナーズなんていう忌避剤もありますが、効果が本当にあるかどうかは疑問ですね。 実際のところ効果という意味では、虫はハーブの香りに弱いモノも多いので多少効果はあると思います。 ムシというカテゴリーで一番身近でかつ、嫌われるのが「ゴキブリ」ではないでしょうか。 ゴキブリが近付かない住...

松林秀典

松林秀典プロ

立夏

建築家の独り言(日記) 2018-05-07

今年は5月5日が立夏でした。 そういえば、今日は雨が降って若干肌寒さを感じる時もありますが、5日・6日は汗ばむような暑さの日でしたね。 暦の上ではこの立夏から立秋の前日までが夏とされています。 とはいえ、まだまだ夏の暑さとはちょっと違い、イメージとしてはこの時期から夏至にかけて日中の時間がどんどん長くなっていくという風に捉えてもらえるといいかもしれません。 実を言うと...

Share