マイベストプロ神奈川
  1. マイベストプロ TOP
  2. マイベストプロ神奈川
  3. 神奈川の法律関連
  4. 神奈川の遺産相続
  5. 加藤俊光
  6. コラム一覧
  7. お墓の跡継ぎ(墓守)の心配がいらない「納骨堂」について教えてください
加藤俊光

おひとりさま・おふたりさまの様々な悩みに寄り添う行政書士

加藤俊光(かとうとしみつ) / 行政書士

相続まちなかステーション/加藤法務行政書士事務所

コラム

お墓の跡継ぎ(墓守)の心配がいらない「納骨堂」について教えてください

2020年10月29日 公開 / 2021年3月12日更新

テーマ:墓じまい【神奈川|平塚 改葬許可申請代行】

コラムカテゴリ:法律関連

コラムキーワード: 終活 いつからお墓行政書士 相談

神奈川県全域と東京都多摩地区の一部でおなじみの地元密着型地域情報誌『タウンニュース平塚版 2020(令和2)年10月29日号 紙上ゼミナール Vol.9』に出稿協力しました。


神奈川 平塚|墓じまい相談


今回のテーマは、お墓の跡継ぎや墓守がいなくても入ることのできる「納骨堂」を検討したいのだが、納骨堂はどのような人に向いているのか、これまでの一般的な供養のカタチであるお墓を持つことと何が違うのか、納骨堂を選ぶにあたっての注意点、そもそもどこに相談したらいいのかわからない?!などのご質問にお答えしてみました。

従来から、多くの日本人にとってお墓といえば寺院の境内や霊園の一画に墓石を建てて子孫が代々受け継ぎながらご供養をしていくのが一般的な供養のカタチと考えられてきましたが、もともとお墓を持たない方や、高齢化や少子化、経済状況の変化など様々な要因からお墓を持つことが難しい方が増えてきました。とはいえ、火葬後のお骨を長期間墓地に埋葬せずに部屋の一画に安置しておいては亡くなった方が成仏できないような気がして申し訳ない、そんな方の悩みやニーズに応える形で、昭和の時代から火葬後のお骨を骨壺のまま安置できる屋内施設としての「納骨堂」があちこちに作られるようになりました。今後は、お墓の跡継ぎ(墓守)がいないために墓じまいをされる方や、遠くの郷里にあるお墓を現在の住まいの近くにお墓の引っ越し(改葬)をされる方がお骨を取り出した際の新たな埋蔵先としての選択肢にも十分なり得るかもしれません。

駅からも近くて交通の便も良いところが多い、屋内施設のため季節や天候を気にせずいつでもお参りができるなどの利点がある一方で、安置できるお骨(霊位)の数に制限があったり、永代にわたって利用できるのか否か、利用期間が限られている場合の期間終了後にお骨がどうなるのかなど不安が残る点もあります。契約の際には、十分に納得できるまで運営管理者に説明を求めることが肝要でしょう。

また、納骨堂の運営母体についても、宗教法人の寺院だけではなく財団法人やNPO法人、大手の霊園開発会社や仏壇販売会社などの株式会社までが参入しており、形式もロッカー型からミニ仏壇型、ビル形式の自動搬送型など費用面を含めて多種多様あり、一般の方には選択が非常に難しいでしょう。

当事務所では、国家資格を持つ代表自身が豊富な実務経験と中立公正な立場に基づいて、あなたに最良な納骨堂を一緒に考えてまいります。

些細なことでも結構です。どうぞ、お気軽にお問い合わせください。
いますぐまちなかステーションに相談する

神奈川|平塚 おひとりさま・おふたりさま支援に強い法律専門職
 まちなかステーション(加藤法務行政書士事務所) 加藤俊光

遺言、成年後見、死後の事務処理手続、施設入居時の身元引受人についてはこちら

お墓じまい・お墓の引っ越し・改葬許可申請についてはこちら

この記事を書いたプロ

加藤俊光

おひとりさま・おふたりさまの様々な悩みに寄り添う行政書士

加藤俊光(相続まちなかステーション/加藤法務行政書士事務所)

Share

関連するコラム