まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ香川
山本武史

ワークライフバランスを実現するタイムマネジメントのプロ

山本武史(やまもとたけし)

ポテンシャルビジョン

コラム

【WLBコラム】たった3つの切り口で部下の行動を変えるヒアリング法

WLBコラムをご覧いただき、誠にありがとうございます。
働き方改革をサポートするタイムマネジメントコーチの山本武史です。


新入社員研修もひと段落しました。
とはいえ、まだ若干、登壇機会もあります。


さて、エグゼクティブ(経営者)向けのコーチングの中でも
お伝えさせていただいておりますが、

今回は、経営者だけでなく、リーダー、管理職として
知っておいてもらいたい部下の行動変革を促す
ヒアリングの方法についてお伝えします。


ズバリ答えから言うと
その方法とは『コーチング』です。



なぜなら、生産性を高めるよう行動変革を促すためには、
自分で考え、宣言させることが圧倒的に有効だからです。


その過程をサポートするのがコーチングスキルです。




もう少し詳しくお伝えしますね




仕事の生産性を考えた時に大切なのは、

『スキル(能力)×モチベーション(やる気)』

です。



生産性を高めるために、
短時間で仕事をやりあげることは大切です。


そのためには、
『スキル(能力)』と『モチベーション(やる気)』を
高めていかなければなりません。



ですので、単純に時間だけで管理していくのではなく、
コミュニケーションを図りつつ、

能力開発とモチベーションマネジメントを
同時に行っていく必要があるのです。



その最適な手法の一つとして
『コーチング』をお勧めしたいのです。



ティーチングで同じ効果を得ることも可能です。
得意な方は、ティーチングスキルを磨いてください。


ただ、これまでのやり方でうまくいかなかったと言う方は、
ぜひ、コーチングスキルも学んでいただけると
人を育てる技が幅広くなりますよ。



さて、そのコーチングですが、
学ぶためにはコーチ養成機関へ通うのが一番です。


僕が学んだのは
CTIジャパンです。

ここは世界最高峰のコーチングスキルが学べるスクールです。

また、遠方の方は受講費と交通費・宿泊費などがかかってしまいますが、
ワークショップ形式で直接プロのコーチから学べる利点もあります。



また、同じく世界基準のプログラムを採用しているのが、
コーチ・エイです。


こちらは、電話クラスで学べるようです。



その他にも様々なスクールがありますので、
ぜひ調べてみてくださいね。




ただ、
「本格的に学ぶのもいいけど、
 日常的に使えるスキルを簡単に学びたい」

という方に向けて、
簡単にコーチングの効果が得られる方法をお伝えします。



たった3つの切り口で行動プランを組む方法です。
ファシリテーションでも使われる
『KPT法』と言われるフレームワークです。


1)Keep
2)Problem
3)Try

以上の3点をヒアリングなどで聴いてみてください。



もう少し具体的にお伝えすると、
「Keep」は、「今まで続けていること」や「これからも続けたいこと」
少し広く「よかったこと」などを聞いていきます。


続いて「Problem」では、「問題点」「課題点」
少し広げて「うまくいかなかったこと」を聞いていきます。


その両者を見ながら、
「これからやっていきたいこと」「挑戦して見たいこと」を
じっくりと聞いていきます。



それをA4用紙1枚にまとめておくと、
次のヒアリングの機会には、振り返りに使えます。


ヒアリングで困ったら、
ぜひ使ってみてくださいね!


このような簡単にコーチングスキルを
日本コーチ協会四国チャプターの勉強会でお伝えします。

ご興味のある方は、ぜひチェックしてみてください↓
四国チャプター 4月度勉強会『コーチング基礎講座」

========================
【働き方改革を応援!タイムマネジメントコーチ:山本武史】
研修・コーチングで御社の『働き方改革』推進を応援します!
ご質問・お問い合わせはこちら(24時間受付)
========================

この記事を書いたプロ

山本武史

山本武史(やまもとたけし)

山本武史プロのその他のコンテンツ

Share

山本武史のソーシャルメディア

twitter
Twitter
2018-09-24
facebook
Facebook