まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ茨城
飯田裕

歯科インプラント治療のエキスパート

飯田裕(いいだゆたか)

つくばオーラルケアクリニック

お電話での
お問い合わせ
029-879-5255

飯田裕プロのコラム一覧:口内炎・親知らず・口腔外科疾患

 1.舌は全身の健康状態を反映するバロメーター  昔から内科や小児科の外来を受診すると、お医者さんがまずベロの診察をしますね。いろいろな検査技術が発達した今では、舌を診ることは単なる慣習的なところもあるかもしれませんが、舌の色つやや表面の性状はその人の健康状態を反映します。...

 1.顎関節の構造とその特殊性とは?  顎(あご)が外れてしまった状態を専門的には「顎関節前方脱臼(がくかんせつぜんぽうだっきゅう)」と言います。これは顎の関節すなわち顎関節を構成している骨の形にもよりますが、本来の可動域を超えるほど大きく口を開けたり、事故などで顎を強打した...

 1.原因不明の歯痛やしつこい肩こりの正体が・・・  歯科医院でレントゲン写真をとっても原因不明の歯痛で悩まされている方や、あちこちの歯が同時多発的にしみてしまう症状の患者さんには、虫歯ではなくて歯ぎしり・くいしばりが原因の方が多くおられます。 また、脳神経外科や神経...

 1.口の中はバイ菌がいっぱい。でもバイ菌が減るととカビが増殖  抗生物質(抗生剤)の乱用や口内炎用のステロイド軟膏の使い過ぎで、舌が黒く、毛が生えているようになってしまうことをご存知ですか?この舌の真ん中が茶色っぽくフカフカになることを「黒毛舌(こくもうぜつ)」と言います。...

 1.事故で歯が抜けてもあきらめたらダメ…再植で復活できるんです  スポーツ中の衝突事故や酔っぱらって転倒し顔面を強打した際に、歯が割れたり欠けてしまうことがありますが、衝撃が加わる方向やぶつけ方によっては歯が抜けてしまう場合があります。これを歯の脱臼と言いますが、完全に抜け...

 1.口内炎は歯科?耳鼻科?それとも内科?  皆さんがおっしゃる普通の”口内炎”というと、噛んでできた傷や口の中のやけど、ヘルペスや手足口病などのウイルス疾患によるものなどを全て含めて、「口内炎」と総称されているかと思います。 我々が普通に「口内炎」と呼ぶ場合は、もう...

 1.口内炎、口の渇きや舌の痛みに効く漢方があります  近頃はむし歯や歯周病による歯痛や歯茎の腫れなどの症状ではなく、繰り返しできる口内炎、ヒリヒリとした舌の痛み(舌痛症:ぜっつうしょう)、口の中のネバつき、乾燥感などの不快症状(ドライマウス)を訴え、歯科や口腔外科を受診する...

 1.年末は化膿による歯茎の腫れが多いんです!  1年が過ぎるのは早いもので、気がつけばすでに12月も半ばです。私は土日も関係なく日々の診療に追われ、朝夕が寒くなってきたこと以外は、季節感もほとんどなく暮らしておりますが、おそらく世間では忘年会シーズンがピークをむかえ、会...

 1. 口腔乾燥症(ドライマウス)をご存知ですか?  口腔乾燥症(ドライマウス)とは、唾液の分泌量が低下して口が渇き気味の状態や、(つばが出ていても)乾燥している感じがする自覚症状を言います。 後者の「乾いた感じ」は病気ではありませんが、最近はドライマウスが増加していると考...

 1.「鼻にくる風邪」=急性鼻炎の影響  9月中も暑い日が続き、10月になっても台風が日本列島に接近したり・・・落ち着かない秋だと思ったら、急に寒くなって参りましたね。気温の変化のせいか風邪をひいている患者さんが増えたように思います。 当院では、1日2回の清掃時の空気の入れ替えは...

 1.口内炎の原因について  一般的に口内炎と言えば、口腔内にできるキズも含めた炎症の総称ですが、専門的な意味で口内炎というと、内科的な原因があってできる口の中の粘膜の爛(ただ)れや、上記の写真のようなアフタ性口内炎を言います。これらの口内炎の発症のメカニズムはよく分か...

 1.ネットで流れる親知らずのうわさ  先日、親知らず(親不知)が腫れてしまい来院した10代の女性から「親知らずを抜いたら小顔になりますよね??」って患者さんから嬉しそうにご質問をいただきました。どうも、インターネットの書き込みやモデルさんのブログなどでそういう記載があるようで...

 1.ベロのひりひり…舌痛症ってご存知ですか?  舌の先端や両サイドの縁の部分に、「ひりひり」「ぴりぴり」した痛み?を訴える患者さんが近頃はとても多いんです・・・皆様は「舌痛症」って聞いたことがありますか? 舌痛症とは、舌の表面に痛みの原因となる器質的な異常や病変(口内...

 1.子宮頸がんよりも患者さんが増えている口腔がん  震災直後のテレビのCMに異変=一般企業の広告は自粛され、繰り返し公共広告機構のCMが流れていたのは皆さんご記憶かと思います。色んな意味で話題になりましたが、母と娘が出てくる「子宮頸がんの予防ワクチンの接種」のCMもございました...

 1.親知らずが痛む時、そして抜歯の必要性について   ほとんどの方が経験する「親知らずの痛み」・・・普段からよく歯を磨いて、虫歯が無い方でも、この時ばかりは歯科医院を訪れることになります。親知らずはどうして痛くなり、抜かなければならないのでしょうか?  患者さんの中には...

飯田裕プロのその他のコンテンツ

Share

飯田裕のソーシャルメディア

facebook
Facebook