マイベストプロ茨城

[不動産物件・売買]の専門家・プロ …1

茨城県の不動産物件・売買の専門家・コンサルタント

茨城県に拠点を構える不動産売買に関する専門家、プロのプロフィール、実績、コラム、費用や口コミ、評判などから相談相手を探せます。「不動産を売りたい」「不動産を買いたい」のほかにも「入居率アップさせたい」「収益不動産の見直しを図りたい」などの悩みに対し、不動産売買に通じた専門家がアドバイス。不動産コンサルタントや宅地建物取引士、不動産鑑定士などを中心に不動産評価や売買のマッチングをサポートします。不動産売買は非常に高額な取引となるがゆえトラブルにもなりやすい取引きです。専門家によっては無料相談やセミナーなどを開催しているケースもあります。 茨城県を拠点とする専門家・プロへお気軽に相談してみてください。きっと良い不動産取引のサポートをしてくれるはずです。

現在の検索条件

茨城県×不動産物件・売買

フリーワードで絞込み

1~1人を表示 / 全1

横山修一

このプロの一番の強み
本音の不動産コンサルタント業務に強み。

[茨城県/不動産物件・売買]

裏表の無い誠実な対応で安心して頼れる不動産コンサルタント

 土地や建物などの不動産の購入や売却には、煩雑な事務手続きとともに、土地利用に関する様々な法的知識が必要となります。例えば土地の売買や交換の際に提出が義務付けられている「重要事項説明書」は現在ではA...取材記事の続きを見る≫

職種
宅地建物取引士、 電気工事士、 不動産コンサルタント
専門分野
● 不動産売買に関わる各種コンサルタント● 業務改善コンサルタント
会社/店名
ニッチ・コンサルタント
所在地
茨城県ひたちなか市高野3246番地

この分野の専門家が書いたコラム

建築基準法違反で、前科者になるかもしれません。

2022-11-20

 皆様は、建築基準法をご存じと思いますが、この法令の一部を違反すると「前科者」になる可能性が あります。  建築基準法第42条第2項違反です。具体的には、建築基準法第42条第2項とは、道路幅員が4m未満で 建築基準...

建築基準法第42条第2項について確定しました

2022-11-20

 約1年前に掲載しました、建築基準法第42条第2項問題が解決しました。 個人の敷地内にある、法以前の泥を確定しました。  約、足掛け3年以上かかってしまいました。  原因は、行政の法令違反と言わざるを得ません。  ...

地方公務員法

皆様は、建築基準法をご存じでしょうか? 建築基準法は、(昭和二十五年法律第二百一号)に制定されました。 一般常識としては、建築物を建てる場合に建築士に依頼して、建築をする。今は、住宅会社に依頼し建築確認をお願いす...

茨城県のよく見られている地域から不動産物件・売買の専門家を探す

  • 日立市
  • 水戸市
  • つくば市

エリアを絞り込む

  • 茨城県

主要なエリア