まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ神戸
自念真千子

婚活、就職、転職などのキャリアサポートのプロ

自念真千子(じねんまちこ)

M.M.C (エム.エム.シー) マリッジマネジメントセンター

コラム

結婚までを彼女と温度差なく進めるための方法

男性が結婚するのに必要な現実

2018年2月15日 / 2018年3月15日更新

婚活をスケジューリングする失敗


女性の心はなかなか難しいと男性の方はいつも感じているようです。

これは、男性の方が結婚を理論で考えているのに、
女性は、感情で結婚を捉えているから。

よく企画を形にしていくのに、スケジューリングをし、タスクに落とし込みという作業を、仕事ではします。



これと同様に婚活という企画をスケジューリングして、進めていくと大失敗に陥ります。

1か月経てば、結婚の話をしだし、3か月たてば、真剣交際をし、
その後1か月くらいでプロポーズ。
その後、ご両家お顔合わせで結婚式場予約・・・・・(・_・D フムフム

こんな調子で進めていると、気が付くと、彼女は置いてきぼりで、温度差感じてどうも・・・・・
なんてことになりかねません。

女性だって結婚を考えていない訳じゃないけど・・・


計画通り進めて、なぜ、うまくいかないか・・
それは、
そこに感情がプラスされていないからです

当然、結婚の話をするなら、
そういうムード作りは大事です。
例えば、夜景を見に行った時とかにタイミングよく話しをする。

美味しいものを食べに行くとき、彼女だけの特別感を味合わせてあげるなど。

彼女の気持ちを上げるイベントなど企画を
その盛りあがりをみつつ、結婚までのプロセスをたどってほしいです。

大事なのは、プロセスと彼女の気持ちが並行していること。




プロセスを記念日に変えて、大成功

以前の成婚者で、
自分たちの出会って日を記念日に変えて、二人でお祝いをすることに決めた人たちがいました。

そのカップルは出会った日(例えば23日)をいつも何かでお祝いをするのです。
1回目は、彼から彼女へハンドクリームのプレゼント
2回目は、お互いに美味しいと思うスイーツを交換プレゼント
3回目は、彼女が食べたいプチ贅沢なものを一緒に食べにいく
4階目は....
という風にすると、自然にその記念日が楽しくなって盛り上がっていくという訳です。


これも、今考えると、とっても素敵な婚活スケジューリング
なぜなら、
二人の温度差がそんなに違わないからです。

大事なのは、二人でともに結婚のプロセスを歩むってことです!(^^)!



お見合いの緊張している姿が女性に伝わっても大丈夫

LINE@ご登録のお願い
婚活を応援する案内(神戸のデートスポットや婚カツ相談会・親御様相談会・パーティーお知らせなど)を神戸より発信。
友達追加でお待ちしています
じねんまちこLINE@:QRコード: @bpd9417e

この記事を書いたプロ

自念真千子

自念真千子(じねんまちこ)

自念真千子プロのその他のコンテンツ

Share

自念真千子プロのその他のコンテンツ