まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ神戸
自念真千子

婚活、就職、転職などのキャリアサポートのプロ

自念真千子(じねんまちこ)

M.M.C (エム.エム.シー) マリッジマネジメントセンター

コラム

結婚する二人の出会いは、案外変わっラない、でも、変わったものがある、そこをしっかり見つめて婚活を

結婚に必要な男性の気持ちと行動

2017年9月27日 / 2018年2月10日更新

お見合で仏に私たち日本人は結婚していた


結婚しようtと考える時、まず頭に浮かぶのが、
「婚活」でしょう。

従来は、
〇お見合い
〇職場や仕事
〇友人と通じての紹介
〇学校で
〇街や旅先で
〇サークル・クラブで
〇アルバイトで
いろいろあいました。

日経ビジネス誌  2012-3-22号  に下記の記事が掲載されていました。




従来、日本人が結婚を考えたら、「お見合をする」というのは普通でした。

上記の表からも今から50年前は、ほぼ半数がお見合いです。

そのお見合いの数字が激減したのが、1980年代後半

バブルで時代は激変。変化と不変を見間違わないで


バブル期です。

あの波でお見合という文化が吹き飛ばされました。

この時期より、お見合結婚は急速に減少しました。

でも、考えたいのが、それに取って変わる新しい出会いの方法がないってこと。
時代は欧米化となり、恋愛を謳歌する時代にはなりましたが、
お見合と同じくらいに結婚を考える人達が恋愛をしたのか・・というと案外そうではなかったのかな・

そして、今、婚活です。
おそらくこのお見合という出会いは、私たちには案外合っているのでしょう。

あらかじめなんらかのものが分かっている中で出会うことの方が、安心できる
だから、結婚も考えられる民族なのではないかな。



ただ、変わったこともあります。
社会で働く私たちの
法律が変わりました。
男女雇用機会均等法の施行で
職場での男女の平等がより進みました。
嬉しいようで、女性にも男性にもその余波があります。

だから今、、共働きの時代になりました。
だとすると、変える必要があるのは、
お相手に対する考え方ということでしょうか・・・

求めるものを変えることは必須ではないでしょうか

結婚して得るもの、無くすもの・・・成婚会員の声

この記事を書いたプロ

自念真千子

自念真千子(じねんまちこ)

自念真千子プロのその他のコンテンツ

Share

自念真千子のソーシャルメディア

rss
ブログ
2018-09-20
rss
コラム
2018-09-19
google-plus
Google+
facebook
Facebook

自念真千子プロのその他のコンテンツ