まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ群馬
芝原晶子

工業系・技術系企業の海外向け事業を支える英語翻訳者

芝原晶子(しばはらあきこ)

AST Translation Service

コラム

語学留学やワーキングホリデーに行く前に

海外 留学

2017年8月7日 / 2018年8月13日更新

暑中お見舞い申し上げます。
イタリアから帰国後、バタバタしてました。
そして、今頃疲れが出たのか、体調不良気味。
皆さんもご自愛くださいね。

さて、今日は大人の留学についてです。
留学が終えて帰国後は、外資系企業への転職や海外とのビジネスに関連する
仕事をしたいと思う方が大半だと思います。
これは大人だけではなく、留学を考えている学生にも同じことが言えます。

正規留学経験者であれば、上述のような企業への就職や仕事ができる可能性は高いですが、
短期語学留学やワーキングホリデー経験者にはなかなか厳しいでしょう。

まず、外資系企業で求められる人材とは、

1.正規留学経験者(海外の大学や大学院を卒業)
2.【英語+α】を身に付けている

この2点を満たしている人です。

企業が求めている人材は、英語が話せるだけの人ではありません。
英語はあくまでもコミュニケーション・ツールの1つであり、
それを使って何ができるのかが重要で、求められる人材であります。

ワーキングホリデー(ワーホリ)は、あくまでも働くこともできる『ホリデー』です。
実際に語学力や社会人経験がないままワーホリで海外へ行っても、
1年間ではコミュニケーション・ツールとしての基本的な語学力を身に付けるのがやっとで、
ビジネス英語や海外に通用するビジネススキルやマナーを身に付けるところまでは
到達できない方がほとんどです。

また社会人経験者で語学力がない場合は、専門分野や業務経験が何かによって、
滞在先での仕事が決まってきます。
よって仕事をしながら語学力やスキル、マナーを現場で身に付けることも可能です。

『自分探しの旅』で出掛けて行っても、結局は企業が求めているような
語学力やビジネススキル、ビジネスマナーを身に付けて帰国するわけでないので、
外資系企業への転職は厳しいです。

外資系企業が求めているのは、今まで日本企業でやってきたような業務
(メール、会議、プレゼン、営業、研究、報告書作成、専門用語使用等)を、
【すべて英語でできる人材】なのです。
それゆえに、【英語+αのある人】【正規留学経験者】でないと、
きちんとした評価をしない企業が多いのです。

大人になってから短期語学留学をして帰国した方々が、
帰国後に外資系企業への転職を試みても採用されない理由は、

『基本的なコミュニケーション・ツールとしての英語しかできない』
『海外に通用するビジネススキルやマナーが身に付いていない』

という2点が主な原因です。
この現実の壁にぶつかった時に、『留学は無駄(失敗)だった』と思ってしまうのです。

そう思わないためには【留学する目的】と【留学後どうするか】をはっきりさせてから、
留学するかどうかをもう一度熟孝することをオススメします。

この記事を書いたプロ

芝原晶子

芝原晶子(しばはらあきこ)

芝原晶子プロのその他のコンテンツ

Share

芝原晶子プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
080-7085-8308

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

芝原晶子

AST Translation Service

担当芝原晶子(しばはらあきこ)

地図・アクセス

芝原晶子のソーシャルメディア

facebook
facebook