まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ福岡
松岡順子

ガラス彫刻デザインのプロ

松岡順子(まつおかじゅんこ)

株式会社 クライミング

松岡順子プロのコラム一覧:エッチングの完成まで

ちょっと間が空いてしまいましたが百合の彫り込みが続いています からの続きです無事に薬品処理(腐食加工)まで完成しました================================薬品処理って何?って方は↓             ガラスエッチングとは?====...

昨年12月にリピートのご注文を頂いた百合のエッチングが  やっと最終仕上げ段階に入りました百合の花は一見花びらも少なく簡単そうに見えますがあの大きな雄しべ雌しべを忘れてはいけませんそして花びらの周囲を縁取るフリルのような部分花びらの真ん中を通る くっきりとした脈1つ...

龍の仕上げからの続きです先週彫り込み~仕上げが終わったので いよいよ最終工程の薬品処理(腐食加工)です薬品処理~水洗い~乾燥なのですが 水洗いの段階がキラキラでキレイだったので 思わず写真を撮ってしまいました↑ピッカピカで金属のようですこの後 拭...

龍のエッチング⑤からの続きですちょっとバタバタしていたので 最後の龍の尾の彫り込み工程は写真を撮り損ねてしまいました(-_-;)気がついたら最後の仕上げの段階で 再度カットをしていきます切るのに追われて また写真を撮ってないと言う(^^ゞ仕上げの完成写真は↓全体...

龍の彫り込み順調ですからの続きです順調に体の彫り込みが進んでいます鱗を一枚一枚 丁寧に彫っています前に彫った鱗を潰さないように角度を合わせながら丁寧に彫っていくので 毎回真剣勝負です!↑昨日の状態↑今日比べると進んでいるのがよく分かりま...

龍の顔エッチングからの続きです手前にくる顔 角 髭の彫り込みが終わったら次は体の彫り込み(エッチング)です体は筒のように丸いのですが表面のびっしり並んだ鱗を 順番に一枚づつ彫らないといけませんこの龍の鱗は 大きめなのでまだ枚数は少ないのですが細かな鱗の龍だと...

ちょっと間が空きましたが 龍の彫り込みからの続きです前回は龍の彫り込みとタイトルをつけながら 彫っているのは雲でした(-_-;)今回はきっちり龍の彫り込み(エッチング)に入っています手前にくる部分から彫るので まずは角?・・・じゃなくて目の上のトゲトゲを彫り込みま...

龍を切っていますからの続きですカットが終わったら 次の工程は彫り込み(エッチング加工)です龍を立体としてみた時に 一番手前になる部分から彫り込んでいきます龍の角から彫りだす・・・と思っていたけれど 大きく予想が外れちゃいまして最初は周りのラインそして雲...

カッコいい龍からの続きです原稿が完成したので 鏡にカッティングシートを貼り原稿通りに切っていきます2回目の制作なので 彫り方は頭に中に入っている・・・つもりだったけど 分からない個所がチラホラ出てきて前回制作した龍のエッチングの写真を手元に置いてチマチマと...

前回の和柄のエッチングガラスは 同じデザインでの4度目のご注文でしたがこちらも2度目のご注文のエッチングです7年ほど前に作っているので 詳細をきっちりと覚えてなくて制作過程の写真を見ながら 原稿を描いていきました前回制作した時に 鏡を表から彫り込んだので実際のリ...

竹のエッチングからの続きですガラスに彫り込んだ 菊・梅・竹などの和風のデザインエッチングに薬品処理(腐食加工)を施して 本日無事に完成しました================================薬品処理って何?って方は↓             ガラス...

先日からの集中豪雨で、被害を受けられた方 心よりお見舞い申し上げます被害が広がらないようにと祈ります小石原の友人とは連絡が取れまして ホッとしているところです幸い友人は嘉麻へ抜ける道があるそうですが ニュースで道路状況を見て想像を超えた被害に驚くばかりです菊の花...

先日からの集中豪雨で、被害を受けられた方 心よりお見舞い申し上げます今後、さらなる被害にあわないことをお祈り申し上げます本社が筑後なのですが 被害もなく安堵しているところなのですが小石原の友人と連絡が取れなくて 心配です先日のコラム菊の花からの続きです菊の...

エッチング加工の裏表からの続きです先日まで1枚は 無事に彫り終わりました次は対のデザインの 菊+竹のエッチングに入ります竹は葉の重なりはあるけれど 一つ一つのピースがそんなに小さくないので彫るのは意外とサクサク行けるんじゃないかと思います(私が彫るわけではありま...

和柄のエッチング③からの続きです。途中問題がありましたが 1枚目がほぼ完成しようとしています↑繊細な花も 無事に彫り終えました立体的ではありますが 加工面から見ている写真なので手前にある部分が奥になると言う 実際とは違う立体感になっていますこの部分を表(加...

松岡順子プロのその他のコンテンツ

Share