マイベストプロ福岡
  1. 筥崎宮を試作しました ⑨ 【 エッチング ガラス 装飾用 】 
松岡順子

ガラス彫刻デザインのプロ

松岡順子(まつおかじゅんこ)

株式会社 クライミング

コラム

筥崎宮を試作しました ⑨ 【 エッチング ガラス 装飾用 】 

2019年6月6日

テーマ:エッチングの完成まで

龍のカットに入りますからの続きです。

完成はこちら




全体の写真を見ると分かりますが、1枚のガラスに龍が三体入ってて、それぞれサイズが違うデザインです。
小さな龍の鱗は、赤ちゃんの爪よりも小さくて、カクカクとした角が出ないように切るのが大変でした。

ガラスが大きくて上に乗っての作業になるので、力加減の調整も必要になるのです。
力いっぱい切ってしまうと、ガラスに傷が入り割れてしまいます。

それでも龍はフリーなラインなのでまだ切りやすかったのですが、筥崎宮は大変でした。
学生時代の製図の時間を思い出し、なんとか3点透視図っぽく原稿を描いてはいたのですが、
それを彫ったらどんな感じになるのか今一イメージが掴めなかったので、原寸サイズで試作することにしました。


ガラス エッチング 龍 筥崎宮 装飾用

↑手ごろなサイズの鏡を見つけたので、筥崎宮を切っていきます。



ガラス エッチング 龍 筥崎宮 装飾用

↑パーツがかなり細かいので、手が当たっただけで行方不明になってしまいます。
こすれたり当たったりして無くなったてしまった細かい部分は、修正しながらの作業です。 


ガラス エッチング 龍 筥崎宮 装飾用

↑全部剥がしたところで彫り込み(エッチング)開始です。
砂を当てる(サンドブラスト)勢いが強すぎると、せっかく修正した細かいパーツが飛んでしまうので慎重に進めます。



ガラス エッチング 龍 筥崎宮 装飾用

↑陰影をつけたいので絵を描くように、少しずつシートを剥がしてサンドブラストで仕上げます。



ガラス エッチング 龍 筥崎宮 装飾用

↑少しずつサンドブラストで陰影をつけてみたら、大体のイメージが決まってきたのでここで試作は終わりとなりました。
仕上げたらきれいだとは確信しているのですが、なかなか時間が取れません。
じっくり仕上げたいので、時間に余裕のある時に仕上げようと思いました。



せっかく丁寧に作ったのだから仕上げよう!と思いつついまだ完成していませんが (-_-;)



続きます

この記事を書いたプロ

松岡順子

ガラス彫刻デザインのプロ

松岡順子(株式会社 クライミング)

Share
関連するコラム

コラムのテーマ一覧