まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ福岡
松岡順子

ガラス彫刻デザインのプロ

松岡順子(まつおかじゅんこ)

株式会社 クライミング

松岡順子プロのコラム一覧:エッチングミラー

取引先の方から クマの形の鏡での試作依頼を受けましたご希望は クマの顔(*^。^*)実は私 可愛い系はちょっと苦手なのです素朴でかわいい とかシンプルだけどかわいい とかそっち系なら大丈夫なのですが ただ可愛いだけってのは苦手なのでちょっと苦戦して 4種類のクマの...

繊細なデザインを 鏡の裏面から彫り込みました鏡の裏面からの加工は 切り損なうと表にキズが出てしまうので失敗は許されません慎重に力まずに カッティングシートのみを切るつもりでカットしていきます慣れてくると ガラス面にカッターの先が届いた感触が分かるのですガラスならば...

大きな鏡に バラの花のエッチング加工をするお仕事が完成しましたほぼ2メートル角の鏡の上部に バラのデザインを彫り込むのです↓周囲の色が紫っぽいのは 鏡の裏面からみたところだからです裏の塗装+鏡の銀引き部分をエッチング加工で彫っているのですちなみに この塗...

達筆な手書き文字を 鏡の裏面からエッチングするご注文をいただきました================================ エッチングって何?って方は↓             ガラスエッチングとは?=============================...

先日からちチマチマ作っていたキレイな鏡の別デザインバージョンが完成しました作業途中↓鏡の裏面からの写真です単純なデザインに見えて実は複雑なデザインで 製作は大変でした(-_-;)茶色く見える部分を 裏面からのサンドブラスト加工でスリガラス状に加工するの...

キレイな鏡を製作中 【装飾ミラー 店舗用】 からの続きです鏡の裏面から 唐草のデザイン部分をサンドブラスト加工で抜きました(抜いた部分はスリガラス状になります)表面からみると↓白く見えるところが スリガラス状になっていて鏡の裏から照明を当て デザイン...

すっかり寒くなりました気が付けば12月も10日になっているのに今月初のコラムを書いています(-_-;)すごく忙しいのです!終わりのない 忙しさまさに師も走る 正しい12月を実感しています今製作中の鏡↓鏡の裏面から 繊細な唐草のデザインを彫り込みます...

どこかの会社の会議室用だったと思いますが世界地図を鏡にエッチングしました色分けできないので 彫りの深さや砂目の違いで テクスチャーを変えて森林地帯は緑を 砂漠地帯は乾いた砂を感じるようにと作りましたまだコンピューターを導入してないころで手描きの原稿を 拡大して...

鏡の表面に店名を彫り込んで ちょっと可愛いイルカの看板が完成しました↓一部画像処理して 文字を消していますが真ん中には店名などを彫り込んでいます↓お店のステッカーを頂いて 鏡用にアレンジして作りました一枚の鏡で室内は華やかに そして明るくなります(*^_^*)オリジナ...

8角形の風水ミラーが密かな人気みたいです玄関に置いたら 金運UPとか運気を取り込むとか 悪い物を跳ね返すとか方角等で効用が違うらしいですね(実は我が家にも置いてます)最近作った 風水八角形のミラー天道虫がお好きな方で 天道虫のデザインをご希望でしたイメージ画像を送っ...

ウェルカムボードで人気のデザインを文字なしで鏡にエッチングしてみました周囲のみのデザインなので 縦でも横でも使えますメッセージや名前をちょっと追加で彫り込むとオンリーワンな一枚の完成です※デザインはすべてオリジナルです 作品のコピーは固く禁止しますグラスや...

蒸し暑い日が続いているので 涼しげなエッチングの紹介です↓ タユタユと流れる川 抽象的なラインで表現しています橋桁の構造が分からなくて 何枚もの写真を元に描きました適当に描いて仕上げると 仕上げの段階で苦しみますいつもの写真と色合いが違うのは 鏡の裏面からエ...

風水ミラー(八角形の鏡)が相変わらず人気のようです定番は龍のデザインでしょうか?過去に作った 龍アイテムの風水ミラー   ↓風水ミラーっぽくない 風水ミラーのデザイン  ↓テントウムシのアイテムの風水ミラー(提案用デザインなので3点あります)  ↓ 天...

ディスプレイ用ミラーエッチングと同じ友人用に作った鏡です(販促用でもありますが)ガラスの表から 羽根のシルエットを彫り込みました中央に大きくアクセサリー作家である友人の 作家名を彫り込んでいます(ロゴも私が勝手に作りました)全体に羽根が飛んでいるようなデザインです...

ただいま飛天のラフスケッチ中参考のために過去の神仏画を見ています鏡の裏面からの『風神雷神』エッチング加工展示会用に作った作品です作品展用の 怒涛の作品仕上げに燃えていたあのころを思い出してじっくり仏画と向かい合っていこうと思います

松岡順子プロのその他のコンテンツ

Share