まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ千葉
吉田要介

依頼者の正当な利益を守るためにあらゆる可能性を追求する町弁

吉田要介(よしだようすけ)

ときわ綜合法律事務所

吉田要介プロのご紹介

一人ひとりの「困った」に答える、もっとも身近な法律家を目指して(2/3)

千葉の弁護士  吉田要介さん仕事風景

「知らない」ことで、不利益を被らせない

 吉田さんが町弁を志したのは、「法律の知識がないために、不利益を被る(こうむる)人をなくしたい」という強い想いからだそうです。そのルーツは、高校時代にさかのぼります。自身の高校が生徒の自主性を重んじる自由な校風であった一方、同じ公立高校でも校則が厳しくて生徒の自治が制限されている学校が多くあったそうです。吉田さんは、そのことに大きな疑問を覚えました。

 「同じ高校生なのに、自分たちで多くのことを決められる僕たちと、決めることができない彼らがいた。その違いが何なのかと考えた時に、『そもそも生徒自身が自分たちの権利について知らないことが一因ではないか』と思い当たりました」

 知らないがゆえに、自分たちの不利益に疑問すら抱かずに過ごしている。その状況を改善できないかと考え、なんと吉田さんは他校に呼びかけて「生徒会連盟」を創設します。学校の壁を越えて連携し、自分達がもつ権利についての情報提供や情報交換を活発に行った結果、各高校でも次々と変化が表れたといいます。

 その経験が、吉田さんの弁護士としての礎(いしずえ)を築きました。「知らないがゆえに正当な権利を行使できない。当然、得られるべき利益も得られない。世の中にも同じようなことが沢山ありますよね。それをみなさんに知らせながら、少しでも是正していくのが、弁護士である私の務めだと考えています」

 例えば、吉田さんが行う刑事事件の不必要な勾留や接見禁止等に対する不服申立ては、年間で20件以上。申立ては認められないことの方が多いそうですが、「不必要な勾留や接見禁止をだまって見逃すわけにはいきませんから」と、果敢に挑戦しています。また、薬害肝炎東京弁護団の一員として、被害者救済のための活動にも日々、力を尽くしています。

 みんながやっても無駄だとあきらめてしまうことでも、国のように相手がどれほど大きな組織でも、臆せずに「待った」をかける。それは大きな労力と勇気がいることですが「依頼者の正当な権利を守るためには妥協しません」と吉田さん。「法律を使えば、お金や力がない私たち一般市民でも、権力を持つ人や組織とも対等に渡り合えるんですよ」と、穏やかながらも力強く語ります。

吉田要介プロのその他のコンテンツ

Share

吉田要介プロのその他のコンテンツ