まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ千葉
吉田要介

依頼者の正当な利益を守るためにあらゆる可能性を追求する町弁

吉田要介(よしだようすけ)

ときわ綜合法律事務所

解決事例
  • 【刑事弁護】暴行・傷害事件

    ●傷害罪で現行犯逮捕され,勾留直後に私選弁護人に選任された事案勾留決定当日,被害者の方が処罰を望んでいなかったので,被害者の方から事情を聴取し,上申書を作成し同日夜本人と接見し,釈放されても罪証隠滅や逃亡を行わない旨の誓約書を取得し勾留決定に対する準抗告申立を同日深夜に行...

  • 【刑事弁護】強制わいせつ・迷惑防止条例(痴漢)違反事件

    ● 電車内で痴漢と間違えられ,迷惑防止条例違反の罪で現行犯逮捕され,勾留前に私選で選任された事案。選任後すぐに,検察庁で接見し,徹底的に争う方針を確認しました。同日の夜,警察署で,接見し,誓約書(逃走しない,被害者と同じ電車に乗らない)を本人から取得し,翌日朝,裁判官に勾留...

  • 【刑事弁護】窃盗事件

    ● 万引きで現行犯逮捕され,勾留後に国選弁護人に選任された事案本人が罪を認めていたため,被害弁償を最優先に考え被害店舗と交渉し,被害弁償を行いました。その上で,釈放されても罪証隠滅や逃亡を行わない旨の誓約書を本人から継続雇用の約束と本人が罪証隠滅や逃亡を行わないように監督...

  • 【刑事弁護】道路交通法違反(酒気帯び運転)事件

    ● 軽微な物損事件を起こしたために,酒気帯び運転が発覚し現行犯逮捕され,勾留後に当番弁護士として接見し,被疑者援助制度を利用して受任した事案接見したところ,罪を認めており,定職もあり,逃亡することは考えられないので勾留決定に対して準抗告を行ったところ,準抗告が認容され,即日...

  • 【刑事弁護】公務執行妨害事件

    ● 酔っ払って喧嘩をしたところ,仲裁に入った警察官に暴行を働き,公務執行妨害で現行犯逮捕され,勾留後に当番弁護士として接見し,被疑者援助制度を利用して受任した事案 接見したところ,罪を認めており,定職もあり,逃亡することは考えられないので勾留決定に対して準抗告を行いましたが...

  • 【刑事弁護】器物損壊事件

    ● 交通トラブルで車に傷をつけたとして,事件からしばらくして通常逮捕され,勾留前に当番弁護士として接見し,被疑者援助制度を利用して受任した事案本人は罪を認めていたので,被害弁償について両親に確認をとると既に被害弁償がされていたことが判明しました。そこで,検察官に対して勾留請...

  • 【刑事弁護】その他の事件

    ● 現住建造物等放火未遂(裁判員対象事件)事件で,現行犯逮捕され,勾留後に国選弁護人に選任された事案。本人が罪を認めていたため,被害者との示談を最優先に考え被害者の方と交渉をし,示談を成立させました。そのため,勾留満期に処分保留で釈放されました(裁判員裁判を回避)。

吉田要介プロのその他のコンテンツ

Share

吉田要介プロのその他のコンテンツ