まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ千葉
石田大祐

相続相談と不動産投資専門の不動産コンサルタント

石田大祐(いしだだいすけ)

マリブ不動産コンシェルジュ

コラム

【遺産相続】あらため、ドラマ【遺産争族】第3話

相続対策術

2015年12月23日

こんにちは。
【絶対トクする裏技的相続対策】を提唱しているマリブ不動産コンシェルジュの石田です。

前回の【遺産争族】レポートを書いてから、ちょうど一か月があっという間に経過してしまいましたが皆さまお元気でしょうか?

おかげさまで、【不動産の相続対策】としてご売却依頼を受けていた案件が次々と成約しまして、売買契約などの業務が忙しく、それにくわえて、新規での【不動産 相続対策コンサルティング】のご依頼も頂きましたので、毎日多忙な日々を過ごしておりました関係で、ブログの更新が全くできなくなってしまっておりました。

記事の更新をお待ち頂いていた皆さん、ホントにすみません。
<m(_ _)m>

それではさっそく、ドラマ【遺産争族】第3話について振り返ってみましょう!
前回の内容をご覧になっていない方はこちらからどうぞ
【遺産相続】あらため、ドラマ【遺産争族】第2話後半


さて、第3話のあらすじは、
伊東四朗演じる河村家のお爺ちゃんがドラマの冒頭で、孫娘の婿【イクオ君】に対して次の一言を言ってしまったがために波乱のスタートで幕が開きました。

その一言がこちら↓
「イクオ君、君に私の養子になって貰いたい」

え~、あ~、はい、そうですね、そう思いますよね、僕も焦りました、というか『それ言わないでしょイキナリは~』って思いました。。。

相続の仕組みをご存知の方でしたら、恐らくこの【養子】という一言が、何を意味するのか、そしてこのドラマの第3話でこれから起こる展開を、一瞬で察したのではないでしょうか?

ドラマをご覧になった方も多いと思いますので、第3話の内容を簡潔に書きますと、今回はお爺ちゃんの発した【養子】という一言で、イクオ君に対する河村家一族の疑いの気持ちがエスカレートし、さらにドロドロとした展開になっていったわけです。

ネタバレですが、ドラマの最後でイクオ君と孫娘は、河村家を飛び出すことになってしまいました。


ところで、今回のキーワードとなった【養子縁組】という制度。ご存知ですか?
『聞いたことあるけど実態はよく知らない』と思った方も多いのではないでしょうか?

昔の人たちには実は馴染みがあるのですが、今の若い人達にとっては『ブラピとアンジーのことでしょ?子供を持っていない夫婦が他の人の子供を自分の子供にすることでしょ?』的な感じで捉えている人も多いのではないでしょうか?

大筋としては間違ってないです、はい。。。


そこで今回は、何故に【お爺ちゃんの養子】という一言で、河村家一族がさらなる泥沼劇にズブズブと入って行ったのかをお話ししてみたいと思います。

わかりやすく端的に表現しますと、相続において【養子縁組】とは、【遺産を相続する権利を得ること】を意味します。

つまり、このドラマにおいては【お爺ちゃんの遺産を相続する人がもう1人増えてしまった】ことになり、それは同時に【お爺ちゃんの3姉妹それぞれの取り分が減る】ことに直結するわけです。

では実際に資産6億円だった場合を想定して簡単なシミュレーションしてみましょう。

もともとは3姉妹で等分すれば良かったわけですから、それぞれ2億円ずつ相続できました。
ですが、イクオ君が養子になったことで、弟が1人増えたワケですから、4人で等分した1億5千万円ずつ相続する事になってしまいます。

つまり、イクオ君が養子になると、遺産額が予定よりも5千万円も少なくなってしまうという事ですね。

お爺ちゃんが外で作った子供なら、【血縁】があるのである程度理解もできそうものですが、イクオ君とお爺ちゃんは血が繋がってないですから、【他人に横取りされるなんて!】と河村家一族(とくに3姉妹)が躍起になるのも、わからなくもないです。

※ちなみに、孫(代襲相続する孫を除く)を養子にしていた場合、孫の相続税は2割アップ(2割加算)されますので、注意が必要です。


【遺産相続】のことで家族に波風を立たせて嵐の中で残りの人生を続けるのはとても悲しいことだと思いますが、これが【相続の現実】であり、【相続発生直前の親族の本当の姿】でもあります。

スムーズな養子縁組はなかなか難しいケースも多いので一般の人々が利用するにはハードルが高いと思いますが、養子縁組よりももっと負担の少ない良い方法で【相続対策】をしっかり準備できるのもまた事実です。

とは言え、弁護士にしても、司法書士にしても、税理士にしても、ファイナンシャルプランナーにしても、あなたやあなたの大切な家族にとって、最良の相続対策術を提案できる人を探すのは至難のワザかもしれませんが。。。

ではまたお会いしましょう!
今回も最後までありがとうございました。


~ お知らせ ~
もしもあなたが、あなたの家族が、【安心・安全・確実・得する】相続対策をお望みなら、ぜひ一度マリブ不動産コンシェルジュへご相談ください。
あなたの想像を超える相続対策を提案し、実現するお手伝いができることをお約束します。

遺産相続】も【遺産争族】も、もう他人事の時代は終わりました。
裁判沙汰になった遺産相続案件の内、資産5000万円以下の【普通の家庭】が【争族】になった割合は、全体の75%にものぼります。
つまり【相続するほど資産なんて無いから】と言っている家庭が一番揉めています。
【まだ何も対策していない】なら1日も早い準備が必要です。
まずは下記ダイヤルまでお気軽にどうぞ。

マリブ不動産コンシェルジュ
TEL:043-296-6327
【土日祝日も受付中】
【初回ご相談無料】

この記事を書いたプロ

石田大祐

石田大祐(いしだだいすけ)

石田大祐プロのその他のコンテンツ

Share

石田大祐のソーシャルメディア

rss
マリブ不動産コンシェルジュの奮闘記
2018-10-12