まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ千葉
山中昇

自ら英検1級合格を続ける英語指導者

山中昇(やまなかのぼる)

英検一級道場

コラム

英検1級道場-英検1級2014-1に合格した受講生の例 Aさん

受講生の奮闘と悩み

2014年7月19日 / 2018年9月19日更新

12時間半のレッスンで、1次、2次を好成績で突破した受講生との、3ヶ月間のレッスンを振り返ります

・3/31にメールで問い合わせあり
・4/05にスカイプで懇談し、レッスンメニューなどを決めた
 ・数年前から1次を突破できずに連敗していた、
 ・TOEIC最高点は930
 ・自力では無理と考えて相談した 
・4/07から5/22まで、6時間の1次試験対策を行なった
・6/09の速報で1次突破確実と判断できたので、同日から2次試験対策を開始した
・6/09から7/05まで、6時間半の2次試験対策を行なった

・7/05の2次試験直後にメールがあった
 ・全く緊張しなかったので、スピーチ、質疑応答、共に淀みなく話すことができ、時間内におさまった。
  すこし早口だった気がするし、いま考えると、もしかしたら、少し短かかったかもしれない
 ・発表までとても気が休まりそうにない。
 ・選んだトピックは、現代人はテクノロジーの奴隷になっているか?というようなものだった(正確には覚えていない)
  スピーチ内容: 奴隷になっていると思う。
    •子供たちはどこにいてもゲーム機を持って行って、食卓でも外出時でも常に夢中になっていて手放せない。
    •大人も電車で9割くらいの人がスマホを見ている。何をするにもどこに行くのもスマホを頼っている。
    •仕事でも家でもPCを使用し頼っていて、漢字すらも書けなくなっている。今の子供は漢字など最初から書けなくなってしまうのではないか。
  質問もいくつかあり、適当に、つまったりはせずに回答した。

・7/19に最終結果の報告あり 75点
スピーチ21点
イントラクション24点
ボキャブラリー、グラマー16点
プロナンシエーション14点

点数が取れたのは発音の点数が良かったためではないか、と思っていたが、その発音の点数が1番悪くて意外だった

英検1級道場へのお問い合わせに関して

このような英検1級道場の活動に興味があれば、まず、英検1級道場詳細情報 で英検1級道場の運営方法などを確認ください。

この記事を書いたプロ

山中昇

山中昇(やまなかのぼる)

山中昇プロのその他のコンテンツ

Share