まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ山形
今田早百合

「運ぶ」仕事を全面支援する運輸関係許認可のプロ

今田早百合(こんたさゆり)

今田早百合行政書士事務所

お電話での
お問い合わせ
023-631-6305

コラム

通行許可は出すたびに通れなくなる・・286

通行許可 申請

2017年11月30日

通行許可の更新はそのままいかない

通行許可は2年(重量物になると1年もあります)で更新となりますが、
更新の際にも算定をかけないと通行不可になったり、今までは24時間通行できたのが
1か所でもD条件(夜間条件)がでると全経路が
夜間通行となります。
橋梁が年々劣化し、強度が落ちてきたためでしょうか、更新時に算定をかけるとD条件となったりすることが
最近とても多くなりました。
道路の老朽化をよそに新しい道路もどんどんできていて、そうなると交差点番号も違ってきます。

以前は更新はそのままコピーで行けた

過去を振り返ってもしかたのないことですが、本当に自然は表紙を変えるだけで
あとはそのままコピーして出していました。

あ~~あの頃が懐かしいです・・・

新しい道路よりも、既存の道路を見直したら?

新し道路もいいのですが、このままではどんどん走れなく道路が増えてきます。
減トンしないと走れず、何のための最大積載量でしょうか。
橋梁の強度を上げる工事を早急にすべきなのではないでしょうか。

事業内容はこちらへ。
http://www.tsuukokyoka.com 

この記事を書いたプロ

今田早百合

今田早百合(こんたさゆり)

今田早百合プロのその他のコンテンツ

Share

今田早百合プロのその他のコンテンツ