まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ山形
今田早百合

「運ぶ」仕事を全面支援する運輸関係許認可のプロ

今田早百合(こんたさゆり)

今田早百合行政書士事務所

お電話での
お問い合わせ
023-631-6305

コラム

個人から会社への運送業の譲渡譲受219

貨物運送業

2016年6月13日

運送業の許可は譲渡できる

今依頼を受けているのは個人で取った貨物運送業の許可を
法人に譲渡する手続です。
数十年前に、どういう事情か分らないのですが,個人で運送業をとった方がいます。
年齢のこともあり、息子さんに引き継がせようと思い合同会社を設立しました。
新車を買いました。会社で登録して青ナンバーをつけようと思いました。
その会社は運送業の許可がないので青ナンバーにすることはでいないと
運輸支局で言われました。

譲渡譲受の処理期間は2月

その合同会社で貨物運送業の許可申請をすると標準処理期間が4月、
譲渡譲受はその半分です。
さあ、どうするといういことでお電話がありました。
個人(個人が運送業の許可を持っています)ので
使用者で登録するしか青ナンバーにつける方法はありません。
そこで個人から法人への運送業の許可の「譲渡譲受認可申請」を
おすすめしました。


ただ、譲渡譲受でもここ2,3年前から新規で運送業を申請すると同じように
申請者への法令試験もあり、所要資金も同じように求められるので
以前のようなメリットはかなり少なくなりました。
それでも処理期間が短いのは魅力ですね。

同じ状態で譲渡譲受しなければならない

例えば今30台あったらその状態で譲渡しなければねりません。
所要資金が台数で左右されますので、残映の有無、リースかどうか、
等色々なケースで違ってきますのでご相談くさい。
事業内容はこちらへ。
http://www.tsuukokyoka.com

この記事を書いたプロ

今田早百合

今田早百合(こんたさゆり)

今田早百合プロのその他のコンテンツ

Share

今田早百合プロのその他のコンテンツ