マイベストプロ富山
木村哲治

美容医療のプロ

木村哲治(きむらてつじ) / 外科医

カメイクリニック富山院

お電話での
お問い合わせ
076-439-5193

コラム

人は正常な側を好むとは限らない

2021年6月10日

テーマ:美容外科

コラムカテゴリ:医療・病院

例えば右側の二重瞼の幅は広く左側は狭い人がいるとします。

この人、じつは右側にはごく僅かに眼瞼下垂があるため無意識に眉毛を上げて見る習慣がついているのです。眉毛を上げると上瞼の皮膚が引き伸ばされるためその分二重の幅は広く見えます。左側にはそれがないのでむしろ狭く見えるというわけです。

この場合、正常なのは左側で異常(便宜上こう表現します)なのは右側ということになるわけですが、当の本人は幅が広く見える方を好むため「左を右に合わせたい」と考えます。

ところがこれは「正常を異常に合わせたい」ことになるので、簡単にはいかないことがあるのです。

人は医学的に正常か否かとは関係なく自分の気に入った方を正しいと捉えがちなものです。しかしこれは時に大きな落とし穴になるため注意しなければいけないと思います。

この記事を書いたプロ

木村哲治

美容医療のプロ

木村哲治(カメイクリニック富山院)

Share

関連するコラム

木村哲治プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
076-439-5193

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

木村哲治

カメイクリニック富山院

担当木村哲治(きむらてつじ)

地図・アクセス

木村哲治プロのコンテンツ