まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ富山
木村哲治

美容医療のプロ

木村哲治(きむらてつじ)

カメイクリニック富山院

お電話での
お問い合わせ
076-439-5193

コラム

眼瞼下垂が改善すると二重まぶたの幅が狭くなる

美容外科

2017年12月13日 / 2018年6月8日更新

ごく簡単にいうと、目の見開きが悪い状態を眼瞼下垂と呼び、これにはまぶたを引き上げる筋肉(眼瞼挙筋・ミュラー筋)が関係しています。

一方、二重まぶたのラインは目を開けた時にできるくびれであり、しわというかクセみたいなものです。これには先に書いたような筋肉は関係ありません。

例えるならば、まぶたの動きはシャッターを開け閉めしているようなもので、シャッターの上の外枠が二重まぶたのラインに相当します。シャッターが上がるほど扉自体は引き込まれていくので、シャッターの下の端と外枠の間の距離、つまり二重のラインとまつ毛までの距離(二重の幅)は狭くなります。

二重の幅を広くすればパッチリした目になると勘違いしておられる方が決して少なくありませんが、ラインの位置と目の見開きは全く別の話であることがおわかりいただけたでしょうか?

また、もともと二重だった方が眼瞼下垂の手術を受けると術前よりも二重の幅が狭くなることを覚えておかれる方がとよいと思います。

この記事を書いたプロ

木村哲治

木村哲治(きむらてつじ)

木村哲治プロのその他のコンテンツ

Share

木村哲治プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
076-439-5193

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

木村哲治

カメイクリニック富山院

担当木村哲治(きむらてつじ)

地図・アクセス

木村哲治プロのその他のコンテンツ