まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ東京
勝山宏則

対応安心度調査2位の葬儀社を統括する葬祭ディレクター

勝山宏則(かつやまひろのり)

大成祭典株式会社

お電話での
お問い合わせ
0120-351-167

コラム

献体、臓器提供について詳細を知りたいのですが…

ご遺体を傷つけることは、ご遺族にとっては大変辛い事だと思います。

でも、故人様が生前から献体や臓器提供を希望していたのであれば、

ご遺族はその意志を出来る限り尊重した方が良いと思います。

特に生前に登録している場合は、臨終前にその旨を医師に告げておき、

死亡後に提供を行う団体に至急手配をしましょう。


【献体とは】

医学発展の為に、医科大学、大学医(歯)学部にご遺体を無償で提供する

ことを献体と言います。献体は医(歯)学生の解剖学教育として解剖実習に

使用されます。本人が生前から献体を強く望んでいて、死亡間際にもその意思が

変わらない場合は、献体の手続きをとります。献体は受け入れ側の都合もありますので、

死亡宣告後に献体する機関に速やかにご連絡しましょう。

献体の生前登録は、篤志解剖全国連合会、白菊会などの献体団体で受付けています。

手続きをはじめ、献体に関する様々なご質問はこちらの団体に予め電話などで

問い合わせると良いでしょう。

なお、献体は本人の同意以外に、本人の2親等以内(祖父母、両親、子供、孫)の

家族全員の同意が必要です。ご遺体は葬儀・告別式が終わると、大学の医学部などに

搬送されます。その後、役目を終えたご遺体は丁重に火葬され、骨壺にご遺骨が

納められてご遺族の元に届けられます。

献体からご遺骨となってご遺族の元に帰ってくる期間は、各施設によって異なりますが、

約2~3年間が目安ではないでしょうか。


【臓器提供とは】

臓器提供とは、死後に角膜や肝臓、腎臓などの各臓器を摘出して、こうした病気に

苦しむ患者に無償提供(移植)することです。臓器提供者はドナーと呼ばれ、

提供される人をレシピエントを呼びます。

ドナーは、ドナーカードによって事前に臓器提供の意思表示をしなければなりません。

意思表示後、臓器バンクと呼ばれる機関に登録します。これらの機関には

腎バンクやアイ・バンクなどがあります。

ただし、摘出した臓器の状態が医学的に問題がある場合や、本人の死亡後に家族の

強い反対がある場合などでは提供が見送られることもあるようです。

臓器の摘出は、死亡宣告後出来るだけ早い時期が望ましいので、通夜前に指定された

大学病院で摘出手術が行われることが多いようです。臓器を提供したご遺体は丁重に

復元されて、ご遺族の元に搬送されます。その後、通夜、葬儀・告別式が執り行われます。

この記事を書いたプロ

勝山宏則

勝山宏則(かつやまひろのり)

勝山宏則プロのその他のコンテンツ

Share