マイベストプロ東京
水野崇

「勝てる」投資スクールを主宰する現役トレーダーFP

水野崇(みずのたかし) / トレーダー

水野総合FP事務所

コラム

投資の損を投資で取り返すために費やした年月

2021年11月24日 公開 / 2021年11月29日更新

テーマ:投資初心者

コラムカテゴリ:お金・保険

コラムキーワード: 投資信託NISAファイナンシャルプランナー 相談

こんにちは。「投資スクール」×「FP個別相談」を行っています、水野崇(トレーダー、ファイナンシャルプランナー)です。今回は、私がはじめての投資に失敗し、5年間で合計2500万円以上の大切なお金を失った時のことを思い出しながらお伝えします。

私の投資歴は20年以上になります。もともとは株式投資と為替取引から始めました。実は今振り返るのも嫌なほど、書くのも恥ずかしい大失敗を数々経験しています。

雑誌やインターネットで誰かの必勝法を見て私にもできる!と思い、”なんとなく”始めた株式投資・為替取引で大損しました。女手一つで育ててくれた母からの大切な相続資金大半を、わずか5年間で失ってしまったのです。


インターネットやSNSを見ていると、投資・資産運用って誰でも簡単にできそうな感じがするじゃないですか。

確かに始めるのは簡単です。ところが5年間で合計2500万円以上の大切なお金が溶けて無くなることに。誰かに騙されてお金を失ったわけではなく、全ては私自身の愚かさが原因なんですが…

道がない

投資で大きな損を出す人達の共通項

ここ数年は金融投資で利益を出している方がとても多いので、はじめての株式投資で2500万円以上も損失を出すなんて信じられないと思われる方もいらっしゃることでしょう。

投資で損失が大きくなるケースというのは、多くの場合下げ相場における対処法を理解しておらず、「下がれば買い」を繰り返した場合です。

リーマンショックなどの大暴落相場が起こった場合は、チャートや板情報を見ていると、そこに参加している投資家からの悲鳴のようなものが聞こえてきます。あの時のようなパニック相場の恐怖感は、今なお脳裏に焼き付いて離れません。寝ていてもそれを思い出し、飛び起きてしまったこともあります。


「せっかく100万増えたのにまたマイナスだ! これでトータルマイナス1000万超えてきた… いったい何をしているのだろう… 母が苦労しながら残してくれたお金がこれでまた無くなってしまった…」

悔やんでも悔やみきれない、どこにもぶつけられない怒りと喪失感、そして自己嫌悪の日々。含み損の金額があまりにも大きくて、不安で眠れない夜を過ごしたこともありました。

こんなものやらなければ良かった…と自分を責め、後悔を繰り返すばかり。日中会社にいても仕事が手につかず、家では妻との喧嘩も増え、お金を全て失う恐怖感と人生そのものが崩れ落ちていく現実に直面しました。

「俺は投資に失敗した人間か…」人生に絶望し、まるで生き地獄のような毎日。こんなに辛いなら投資なんて全てやめてしまおうと思い、8ケタを超える含み損を確定し、しばらくは精神的に不安定でしたね。何もしていなくてもあふれ出る涙。お金の知識がなかった自分が悔しくて悔しくて。

悲しい末路

自称「長期投資家」の悲しい末路

当時の私は、上場企業に勤務する会社員。半導体製造装置の法人担当営業として、北海道から九州まで全国を担当。客先から会社に戻るのは夜。そこから客先訪問レポートを仕上げると、終電もなくタクシー帰りも当たり前の午前様。当時は相当ハードな会社員生活を過ごしていました。

そんな生活が続いていましたので、売買できるのは日中移動時間の間に携帯電話からか電話取引にて。資産運用の知識はほとんどありませんでした。株はちょっと怖いな~ぐらいなものですから。


当時の株式運用スタイルは、含み損がプラスマイナスゼロに戻ることを期待しているだけの自称”長期投資家”。基本的に年中含み損ですので、最終的に想像を超える含み損拡大に耐えきれなくなり、お金を失う恐怖感に直面してのブン投げ。

「これで人生終わったかな…」そう思いながら全てを投げ出し、相場から完全に離れることになりました。いわゆるマーケットからの”退場”です。

「こんなことを続けていても未来がない」そう思ったので、一度全ての投資をあきらめて真剣に勉強しました。

投資書籍を読み漁り、投資セミナーやトレードスクールにも通い、200万円近くを自己投資のために使いました。投資損失と合わせると、もはや母からの相続資金はほとんど残っていない状況です。

投資の損は投資で取り返す

「相場の損は絶対に相場で取り返す!」そう心に誓い、投資を再開してから6ヶ月後に人生初の月間利益100万円を実現。この時、少しだけ気持ちが楽になったことを今でも鮮明に覚えています。そして11ヶ月後に月300万円の利益。その翌年には月1000万円の利益を初達成。

2500万円以上の損失全額を取り戻すのに、株式投資を始めてから8年かかりました。ものすごく遠回りしましたが、私には大きな成功体験の一つです。


一度マーケットから退場した実経験からあなたにお伝えしたいことは、「投資の成功は自分に合う投資方法を一日でも早く見つけそれを続ける」ことに尽きると思います。失った2500万円を全て取り返した時、この事の重要性を遅まきながら理解できました。

今振り返ると大損失から一度立ち止まり、投資スタイルを変更した事が大きな転機になりました。そこに至るまでに経験した失敗の数々があったからこそなのですが。

8年間かけてプラスマイナスゼロにするという、遠回りで無意味な投資を行った… とても恥ずかしい私を反面教師にしてくださいね。

この記事を書いたプロ

水野崇

「勝てる」投資スクールを主宰する現役トレーダーFP

水野崇(水野総合FP事務所)

Share

関連するコラム

コラムのテーマ一覧