まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ東京
橋本将吉

留年・休学対策に強い!現役医師の個別指導!

橋本将吉(はしもとまさよし)

医学生道場

お電話での
お問い合わせ
0422-26-7222

コラム

〈お母さんへ〉 お母さんの気持ち、代弁します!

ご家族の方へ

2016年8月4日 / 2018年5月15日更新


↑ 生徒さんのお母さんから頂いたアンケートです

こんにちは。生徒さんに、「先生って、よくお母さんの話しをしますよね」と言われた橋本です。恥ずかしくない程度のマザコンであると自覚しています。

教育事業に10年ほど携わっていますと、本当に沢山のお母さんたちの本音を聞くことができます。その度に自分の母に感謝し、益々マザコンになってきました。

さて、今日はそんな橋本が、多くの医学部生のお母さんが持っている心の声を、勝手に代弁して書きたいと思います。
違います!という方がいたらすいません。私の声ものせてほしい!という方がいらっしゃいましたら、橋本宛にメールをください。

お母さんの気持ちです


(子供が小学生の時)
主人は仕事を、私は子育てを頑張ります。困ったことがあっても、忙しくて疲れている主人には相談できないので、自分で外に出て、同じような境遇のお母さんに相談します。情報収集は大事です。どのようにしたらしっかり子供に教育をつけさせて、前に進むことができるかが大切です。とにかく、自分からは勉強しようとしない小学生という時期なので、いかに中学受験を乗り越えさせるかが目の前の課題です。



(子供が中・高校生の時)
やっと子供も私立の中・高校に入学しました。私は頑張りました。でも誰も認めてくれません。それどころか「あの人のところ、やり手よね」「私立なんて贅沢よ」なんて言われることもありました。頑張るのも、褒めるのも自分だけです。



(医学部受験の時)
私立に入れて本当に良かったです。周りに感化されたのか、医学部に入りたいと言うようになりました。目がキラキラしています。母として応援しなければいけません。ですが、経済的な問題もあります。私立の医学部は無理よ、なんて言えません。自分から一生懸命勉強してるいのに、制限をすることは親としてありません。小学校の時のように、もう教えることができるレベルでは全くないので、夜食の差し入れで励まします。



(医学部入学後)
私立の医学部に入りました。世間からはどう見たって安泰組です。やっと周囲も認めてくれるようになりました。色々なことに我慢を重ねて重ねて、やっと大学に合格です。本人と同じか、むしろそれ以上に喜ぶことのできる出来事です。

すっきりしました。お母さんが大変な苦労をして手をかけてくれてきた事だけ、現役の医学生さんに改めて気づいてもらえれば大変うれしいです。少しでも心に響いたところがありましたら、もう一回(心の中でもいいので)お母さんを抱きしめてあげてほしいです。 医学生のみんな、2017年の母の日は5月14日ですよ(^◇^)

今日のまとめ


いかがでしたでしょうか。
他にもタメになるコラムを書いておりますので、興味があれば覗いてみてください。どんな場合にも、まずは情報収集がおすすめです。コラムでも大丈夫ですが、書籍の方が一連の流れになっているので、読みやすいと思います。ニコニコ医学生やダラダラ医学生などの登場人物がいたりして、楽しく読める工夫もしています。

このサイトに早い段階で来て、読んでくれた医学部生さん達が得をするように、色々とお役立ちブログを書いています。楽しく読んでもらえるようにしていきますね。 興味があれば他にも覗いてみてください。どんな場合にも、まずは情報収集がおすすめです。
↓↓↓↓↓↓
医学生道場のブログ一覧(別のリンクにとびます)

医学生道場は、医師という医学部の先輩が同じ目線に立って、悩みを一緒に真剣に考えます。多くの方が口を揃えて、「もっと早く相談していれば、こんなに悩まなくて済んだのに」と言ってくれています。
↓↓↓↓↓↓
生徒さんと保護者さんの声(別のリンクに飛びます)

最後まで読んで頂きありがとうございました。
公式サイトではもっと詳しく書いていますので、是非お立ち寄りください。
↓↓↓↓↓↓
医学生道場の公式サイト(別のリンクに飛びます)

この記事を書いたプロ

橋本将吉

橋本将吉(はしもとまさよし)

橋本将吉プロのその他のコンテンツ

Share

橋本将吉のソーシャルメディア

facebook
Facebook