まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ東京
橋本将吉

留年・休学対策に強い!現役医師の個別指導!

橋本将吉(はしもとまさよし)

医学生道場

お電話での
お問い合わせ
0422-26-7222

コラム

〈ご家族の方へ〉 医学部生の励まし方

ご家族の方へ

2016年8月4日 / 2018年5月15日更新


↑ 夏期講習で朝から晩まで勉強。勉強の息抜きに、生徒さんたちみんなで食事に行くこともあります。

こんにちは。「医療と教育どちらが大切なんですか?」と言われた橋本です。両方全力です!

先日、医学部生のご家族さんから、「落ち込んでるみたいなんですけど、どうやって励ましたらいいでしょうか」というお問い合わせを頂きましたので、コラムを書きたいと思います。

まずは、医学部がどういう所なのか


まずは、医学部がどういう所かについて説明します。想像しながらお読みください。

・朝から晩まである、相当量の授業数
・周囲との高いコミュニケーション能力が求められる実習
・求められる高い出席率
・人間の体を学ぶ医学という性質
・文部科学省と厚生労働省の両方の影響を受ける(実はとても重要な社会的背景)
・高い授業料
・留年率
・周囲の天才や秀才たちとの蹴落としあい
・受験時代よりも求められる勉強量

少し想像がつきにくいかもしれませんので、医学部生の気持ちになって、メンタルの流れを分かりやすく書いてみたいと思います。

医学部を目指してから、入学後まで


医学部を目指すぞ。たくさん勉強するぞ。だけどすごい辛い。なんて辛いんだ。周りの奴なんてデートしたりしている。ディズニーランドの土産なんていらねえよ。朝から15時間座って勉強している。でも絶対に受験までに極めるなんて無理だ。でもやるしかない。遊んでる暇なんてない。終わったら思いっきり遊ぶぞ。それだけを目標に頑張るんだ。



医学部に受かって、周囲の様子が変わった。たくさん褒められる。たくさんの人がおめでとうって言ってくれる。勉強を頑張ってよかった。ちょっと休憩したい。何年も勉強したんだ。少しぐらい時間のご褒美があってもいいんじゃないか。今まで勉強ばっかりだったから、アルバイトをしてみたり、やったことのないスポーツや趣味に挑戦してみたり、せめて勉強以外の何かに挑戦したり、可能性を見てみたい。我慢した恋だってしたい!自分をもっと磨きたい!



実際に入学した。すごい勉強量だ。周りもすごいモチベーションを持っている。自分なんかが医学部に入ってよかったのだろうか。いろんな仲間を蹴落としてまで、、落ちた仲間はもう一回浪人するとか言ってる。やる気が出ないなんて言えない。申し訳なさすぎる。誰にも相談できない。親(祖父母、親戚)にもこんなにお金を出してもらってるんだ。今更引き返すことなんてできない。

勉強を中心に生きてきて、初めて自分の価値観(自我)を見つめなおす時期です。医学部特有の背景の中、さらに頑張ることを求められます。留年のプレッシャーは相当なものです。

具体的な励まし方


励まし方は、人によって違います。ですが、共通して言えることが一つだけあります。それは「きちんと耳を傾ける」ということです。これが、具体的な励まし方になります。

「ふむふむ。ふむふむ。ふむふむ」
「なるほど。確かに」
「なんか助けてあげられることはあるかい?」
「今まで頑張ってきたもんねえ」

家族だと距離が近すぎて、意外に耳を傾けることを見失ってしまっていることがあります。ちなみに一番上の写真は食事の時のものです。やっぱり日本人は食事の時に素が出るので、悩みを打ち明けてくれやすい気がします。

今日のまとめ


いかがでしたでしょうか。
他にもタメになるコラムを書いておりますので、興味があれば覗いてみてください。どんな場合にも、まずは情報収集がおすすめです。コラムでも大丈夫ですが、書籍の方が一連の流れになっているので、読みやすいと思います。ニコニコ医学生やダラダラ医学生などの登場人物がいたりして、楽しく読める工夫もしています。

このサイトに早い段階で来て、読んでくれた医学部生さん達が得をするように、色々とお役立ちブログを書いています。楽しく読んでもらえるようにしていきますね。 興味があれば他にも覗いてみてください。どんな場合にも、まずは情報収集がおすすめです。
↓↓↓↓↓↓
医学生道場のブログ一覧(別のリンクにとびます)

医学生道場は、医師という医学部の先輩が同じ目線に立って、悩みを一緒に真剣に考えます。多くの方が口を揃えて、「もっと早く相談していれば、こんなに悩まなくて済んだのに」と言ってくれています。
↓↓↓↓↓↓
生徒さんと保護者さんの声(別のリンクに飛びます)

最後まで読んで頂きありがとうございました。
公式サイトではもっと詳しく書いていますので、是非お立ち寄りください。
↓↓↓↓↓↓
医学生道場の公式サイト(別のリンクに飛びます)

この記事を書いたプロ

橋本将吉

橋本将吉(はしもとまさよし)

橋本将吉プロのその他のコンテンツ

Share

橋本将吉のソーシャルメディア

facebook
Facebook