まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ東京
高橋和子

女性の心強い味方になる整理収納・大人片づけインストラクター

高橋和子(たかはしかずこ)

フェリシア ラボ

コラム

ストレスゼロ!きれい収納Vol.3「片づけられないからの脱出」

片づけ上手のコツ4

2011年10月11日 / 2012年2月10日更新

こんにちは。きれい収納コンサルの高橋和子です。

整理収納の現場で感じる事は、整理収納が出来なくて悩んでいる方が
多いと云うことです。また、整理収納本には「捨てる」とあるけれど

何を捨ててよいのか、ご自分では分からないとおっしゃる
クライアントが大半です。




ここに、片づけられないの原因があるわけです。
整理の根本は、モノを減らす事=手放す事です。

10個入る容器に、今20個のモノがギュウギュウ詰めに入っている状態です。
もしくは、溢れて外に散らかっています。

このモノ達を20個から8割収納の8個まで減らす作業が整理の
中心です。それでは、何をどう減らすのか?
減らす=手放す選択の方法をクライアントに合わせて選びます。

要る・要らない・迷う・移動の4分割仕分けや家族別仕分けであったりと
様々です。今をトキメクこんまりさんは「ときめく・ときめかない」で

仕分けるそうですが、素敵だな~って私は感じるのですが
クライアントの中には「全部ときめかない」と言い切る方がいます。

完全左脳派のこの方は、論理的に納得しないと仕分けできないらしく
ビジネスライクに要る・要らないの4分割仕分けで納得して作業に入りました
クライアントの状況に合わせた整理の選択が必要です




整理収納を依頼されるクライアントには概ね3タイプがあります。

Aタイプ…限界タイプ。今すぐ来てと言われる方がほとんどです。
     ぷちゴミ屋敷・汚部屋状態です。

     ゴミ屋敷との違いは外まで荷物が溢れていないと言う点です
     床面は見えず、けもの道あり。もっと状態が進むと竜巻が
     通ったあとのように、通れるところ以外はメチャクチャ。

Bタイプ…感性タイプ。お部屋は片付いています。趣味や思い入れのモノが
     非常に多いため、押し入れや収納はめいっぱいです。

     捨てなくてはと分かっているのですが、思い入れが強くて
     捨てられません。捨てるということが一番苦手です
     
Cタイプ…完璧タイプ。お部屋はきれいです。収納を考える事も大好き。
     収納に対するポリシーを持っています。
     更にプロのスキルで洗練された収納を求めています。

さて次回は、Aの限界タイプについて書きます
ぷちゴミ屋敷がきれいに片づいた時、クライアントご自身も
私も涙が出るほど感動します。

まさに、人間再生のストーリーです。整理収納=片づけには
人を蘇らせる不思議な力があるのです




整理収納の基本やエコお掃除のアイディアを
講座でお伝えしています
ご依頼はこちらまで
TEL 03-6760-2289
HP http://www.felicia-lab.jp

☆インフォメーション☆
読売新聞 マイベストプロ東京に掲載中 
http://mbp-tokyo.com/felicia-lab

整理収納・家事代行・おうちピカピカレッスン
お片付け講座・お掃除講座・セミナー講師
ご依頼は TEL 03-6760-2289
HP http://www.felicia-lab.jp

☆Facebook
http://facebook.com/kazukotakahashi

☆twitter
http://twitter.com/felicialab3

この記事を書いたプロ

高橋和子

高橋和子(たかはしかずこ)

高橋和子プロのその他のコンテンツ

Share