まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ徳島
岡正伸

家族葬と終活アドバイスのプロ

岡正伸(おかまさのぶ)

家族葬専門 セレモニー心

お電話での
お問い合わせ
0120-388-233

コラム

葬にまつわる知恵袋 『神棚』

お葬式

2015年6月3日 / 2015年6月4日更新

お葬式のしきたりって知ってるようで知らない事が多いです。
お焼香に行く事はあっても喪主、施主側になる事はめったにありません。
ちょっとしたマメ知識を連載させていただきます。

お家に不幸があった場合、自宅にある神棚はどうすればよいのでしょうか?

お家に神棚がある場合は扉を閉め、前面に白紙(半紙など)をはって「神棚封じ」をします。
扉のない神棚は、前面に半紙をはってご神体を隠すとよいでしょう。

これは死のけがれが神棚に入らないようにするためです。
白紙は、遺族ではない人に貼ってもらうようにしましょう。
葬儀社の人に頼んでも大丈夫です。



神棚封じの期間は、仏式では四十九日の忌明けまでです。
神道では五十日祭までといわれています。






家族葬専門・セレモニー心 岡正伸

この記事を書いたプロ

岡正伸

岡正伸(おかまさのぶ)

岡正伸プロのその他のコンテンツ

Share

岡正伸のソーシャルメディア

facebook
Facebook