まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ静岡
大石知広

“ほくほくほんわか”な無垢板オーダー家具のプロ

大石知広(おおいしともひろ)

フレンドハウス

コラム

デザイン思考による産業振興を目指して

理念・ビジョン・指針

2016年12月17日 / 2018年8月20日更新

こんにちは!フレンドハウスの大石知広です。

近年、企業においては、デザイン思考による独自の製品づくりや

マーケティングが不可欠となっていますが、

そのために必要なデザイン産業は、大都市圏に集積しています。

こうした中、静岡県内におけるデザイン産業の振興と

集積を図る具体的な施策を展開することが重要であるため、

静岡県は、「静岡県デザイン産業振興プラン」を策定しました。

プランに記載のあるデザイン産業は、

静岡県経済をけん引する製造業に関わる「プロダクトデザイン」、

商業などと関係が深い「空間デザイン」、

近年、拡大傾向にあり今後も成長が見込まれる「コンテンツ」

の3分野です。

また、近年、技術や市場の動向から商品を考える従来の方法ではなく、

デザイナーがデザインに用いるプロセスを取り入れ、

生活者(消費者等)が、どのように考え行動するのかを観察・理解し、

その事実を基に、議論・課題解決のアイデアを創出、

試作品等を開発・検証を繰り返しながら、

製品(商品)やサービスを完成させていくデザイン思考により、

製品(商品)の企画、製造、販売、使用まで含めトータルとして扱う、

サービスデザインの考え方も広まっています。

静岡県の代表的な地場産品である家具などにおいては、

国内需要の縮小と割安な輸入品との競合が課題となっています。

新たな需要開拓のため、地域に根ざした技術、

素材を用いた高付加価値のものづくりと、

ブランド化を図ることが必要となっています。

地場産業の振興や中小企業の安定的経営のために、

デザイン思考による製品・商品・サービスの高付加価値化を推進し、

中小企業がデザインを活用しやすい環境を整備する先には、

異なる分野のデザイナーたちが、

事業のプロセスを含めてトータルにデザインし、

モノのデザインだけでなくコトのデザインも意識することで、

デザインが様々な産業に結びついていくと思われます。


bokuno WEBサイト
http://bokuno.me/


フレンドハウス
浜松市中区中央二丁目13-4
(公園通り沿い、おいしいと評判のパン屋「麻や。」さん向かいです)

お問い合わせは、お気軽にお電話ください。
電話:       053-452-9891
メール:      info@friendhouse-sosei.co.jp
ホームページ: http://friendhouse-sosei.co.jp

この記事を書いたプロ

大石知広

大石知広(おおいしともひろ)

大石知広プロのその他のコンテンツ

Share