まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ静岡
大石知広

“ほくほくほんわか”な無垢板オーダー家具のプロ

大石知広(おおいしともひろ)

フレンドハウス

大石知広プロのコラム一覧:無垢板オーダー家具

こんにちは!フレンドハウスの大石知広です。今回は、隠れた人気アイテムの「スタッキングスツール」をご紹介します。他の無垢板オーダー家具同様、しっかり創り込んでいるだけでなく、予期せぬ来客にも対応できる使い勝手の良さが特徴です。また、来客のないときは重ねておく...

こんにちは!フレンドハウスの大石知広です。先日、横浜市瀬谷区のK様邸にオーダー家具一式を納品させていただきました。ウォールナット「Prime」(プライム)という最高ランクの木材を使用したダイニングセット、サイドボード、テレビボードをはじめ、1階の仕事部屋...

こんにちは!フレンドハウスの大石知広です。昨日、浜松市浜北区のF様邸にブラックチェリー材のM脚ベンチ&Fチェアを納品させていただきました。既にダイニングテーブルはご用意されていたのですが、天板がスギ一枚板とのことでしたので、色味が合う素材として迷...

こんにちは!フレンドハウスの大石知広です。無垢板オーダーテーブル「森シリーズプレミアム」は、本耳(ほんみみ)付で厚みも40~45ミリと重厚感があり、「クリ」「クルミ」「ウォールナット」「サクラ」といった高級素材を使用しています。「クリ」は東北産のクリです。...

こんにちは!フレンドハウスの大石知広です。好評をいただいております無垢板オーダーテーブル「森シリーズ」に「クリ」「クルミ」「ウォールナット」「サクラ」といった高級素材を使用した「森シリーズプレミアム」が誕生しました。最大の特徴は、本耳(ほんみみ)付の素材を使...

こんにちは!フレンドハウスの大石知広です。以前(H28.8.12)最近のダイニングテーブル事情にも書きましたが、シンプル&ナチュラルや様々なモダンにも合うデザインのテーブル好評です。写真は、静岡市駿河区の4人家族であるK様邸に納入させていただいたダイニングセットです。...

こんにちは!フレンドハウスの大石知広です。フレンドハウスがお届けするのは、すべてオーダーメイドの家具・木製品です。お打ち合わせ時には、お客様個々の状況とニーズをお聞かせいただき、ライフスタイルに合わせた、お一人おひとりのニーズに最適なプランをご提案します。また...

こんにちは!フレンドハウスの大石知広です。ダイニングテーブルは、衣食住で人間の“根源的欲求”を満たすもので必要不可欠ですが、弊社は、お客様にやさしい点に徹底的にこだわった商品開発やデザインなどの付加価値で単純な価格競争とは一線を画しています。オリジナルオ...

こんにちは!フレンドハウスの大石知広です。中日ショッパーの大人世代のゲンキを応援する特集「ゲンキのヒント」。今月の特集“オーダーメイド”にフレンドハウスが単独掲載されました。内容は、「ザイズや色・・・こだわってみよう!」と「オーダーメイド家具ってどんなもの?...

こんにちは!フレンドハウスの大石知広です。人は自分が満足するものを買いたいという行動心理があります。お金を出してもいいものが欲しいと思う感情は、自分を満足させてくれる、自分を誇りを持たせてくれるという気持ちにつながっていきます。フレンドハウスがオーダーメイ...

こんにちは!フレンドハウスの大石知広です。愛する家族と倖せに暮らすためのカタチとして、テーブルはその中心であり大変重要ですよね。「高品質の家具をお値ごろ価格で提供する」ことは弊社のミッションですが、お客様にたのしんでお選びいただけるよう、常にお客様の予想を...

こんにちは!フレンドハウスの大石知広です。お客様が自分の好みやこだわりなど“ライフスタイル”に合わせて選べる家具はいかがでしょうか?!暮らす人(お客様)本位でつくられた家具は、当然、一品一品異なるオリジナルとなります。世界に二つとありません。そこには、自...

こんにちは!フレンドハウスの大石知広です。様々なライフスタイルに合う家具をご提案する上で、成熟社会の住宅事情(間取り)からいっても、スペースを有効活用したリビング・ダイニング兼用型のような“マンションライフ”にもおススメできるデザインが欠かせません。食後もゆ...

こんにちは!フレンドハウスの大石知広です。弊社の家具づくりは、遊び心やたのしさといった感性を大切にしています。まさに、「遊びをせんとや」です。そのような想いを一番表している商品が、『フリーダムソファ』です。側面のサイドテーブル、正面のワゴンテーブルを引...

こんにちは!フレンドハウスの大石知広です。弊社の人気No.1は、国産ナラ材を使用した「森の記憶ダイニングテーブル」です。北海道大雪山系広葉樹の森は、北斜面で風を遮る壁もなく、落葉樹は飛ばされ地味は悪い。そのような場所で育まれたナラは、100年かかってやっと直径...

大石知広プロのその他のコンテンツ

Share