まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ埼玉
武居知行

管理組合の強い味方になるマンション管理士

武居知行(たけいともゆき)

株式会社メルすみごこち事務所

お電話での
お問い合わせ
048-212-2989

コラム

マンション管理士の存在価値

マンション管理士の独り言

2018年3月3日 / 2018年3月4日更新

管理会社から修繕工事の提案がどんどん出されているのですが、
・そんなに工事が必要なのですか?
・見積の妥当性がわかりません。
・見積の妥当性チェックをしてくれますか?

定番のご相談の一つです。

我々は常日頃から色々な業者さんと接触をして、費用の相場感や改修タイミングの判断ポイント、見積の取得や修繕の実施を依頼できる先を探していなければいけません。
← 癒着と誤解されやすいので注意が必要なんです!

私は修繕の案件が出てくる場合、必ずその修繕『必要なの?』からスタートします。
必要ならどこにどのような見積を取る。。。という話へと進みます。

ところが、実際の顧問に入ると見積をチェックしたり金額交渉した入りするのは、非常に稀で、年に1回からせいぜい数回程度です。(築30年以上でも同じです)

これってどういうことだと思いますか?

管理会社だって私たちプロがいれば、簡単に否決もしくは先お送りして良い工事は持ってきません!
つまり、我々の存在だけで、無駄な修繕は減ってきます。

問題なのはこの先で、実はこれ『悪魔の証明』と言われるその裏付けが取れないものです。
そうなると、殆どの組合員は理解できないので『問題がないなら顧問契約もいらないよね』と言い出します。

顧問契約は問題解決のためと同時に、問題抑制のためでもあることをご理解ください。

この記事を書いたプロ

武居知行

武居知行(たけいともゆき)

関連するコラム

武居知行プロのその他のコンテンツ

Share

武居知行プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
048-212-2989

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

武居知行

株式会社メルすみごこち事務所

担当武居知行(たけいともゆき)

地図・アクセス

武居知行のソーシャルメディア

facebook
facebook

武居知行プロのその他のコンテンツ