まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ大阪
上将倫

離婚問題と男女間トラブルを解決するプロ

上将倫(かみまさのり)

弁護士法人 松尾・中村・上 法律事務所

上将倫プロのコラム一覧

 内縁の配偶者の権利  以前から、様々な理由により、実質的には夫婦であっても、あえて入籍をしないという選択をとられる男女は少なからずおられましたが、最近では、夫婦で別姓を名乗るためなど、価値観の多様化に伴い、入籍をしないという男女が増えているようです。 このように、実質的...

 警察庁の統計によれば、平成28年(2016年)の配偶者からの暴力事案等の相談等状況の件数は69,808件、同検挙状況の件数は8,291件といずれも最多となりました。 このような配偶者等近しい人からの暴力(ドメスティックバイオレンス。DV)被害に遭ったときに有効な手段として挙げられるのが、「配...

 離婚の問題に直面している夫婦の多くは、別居に至っているものですが、たとえ別居をしていても、法律上、離婚が成立するまでは、「夫婦」として相互に扶養する義務がありますから、夫婦が生活していくために必要な費用(「婚姻費用」といいます)を分担する義務を免れることはできません。 ...

 配偶者の不貞行為の相手方(浮気相手)に対して、他方配偶者が、慰謝料を請求できることについては、判例・実務上、定着しています(最判昭和34年11月26日など)。 浮気相手の行為は、「婚姻共同生活の平和の維持」という権利または法的保護に値する利益を侵害する行為、すなわち「不法行為」と...

 最近では、「リベンジポルノ」という言葉が当たり前のように使われていますが、この問題は、SNSの普及に伴い、デジタルカメラや携帯電話・スマートフォンなどの撮影機器からの画像や動画を専門的な知識を要することなく、インターネット上へアップロードすることが容易になっていく中で社会問題化...

 子供の進学等に備えて「子供名義」で預貯金をもっておられるご家庭は少なくない。 この子供名義の預貯金、子供へ引き渡すまで円満に夫婦関係が継続すれば、何の問題も生じないのだが、子供へ引き渡す前に夫婦が離婚となった場合、しばしばもめごとの種になる。 離婚をする時点における子供...

 平成27年2月26日最高裁判決  「夫婦間はもう何年もセックスレスやねん。」,「でも俺の性欲は年々増すねん。なんでやろうな。」,「でも家庭サービスはきちんとやってるねん。切替えはしてるから。」 「俺のん、でかくて太いらしいねん。やっぱり若い子はその方がいいんかなあ。」 「い...

 「お見合いパーティーで知り合った彼と結婚を前提に付き合っていたのですが、ある日、突然、彼の妻だという女性から慰謝料を請求されました。私は、彼が結婚しているなんて知らなかったのに、支払わないといけないのでしょうか。騙されて被害に遭ったのはこっちの方で、逆に、彼に対して慰謝料を...

 一口に男女間トラブルといってもさまざまなケースがありますが、最近、非常に多くなっているのが、「交際相手と別れたいのだけれど、別れてくれない」というご相談です。 この種のご相談やご依頼に、男女の偏りはなく、男性からも女性からも等しく寄せられます。 幸いにも、このような経...

 内縁関係(事実婚ともいいます)を巡る法律問題に関するご相談が、最近、増えてきたように思います。 内縁関係を巡る法律問題自体は、かねてから存在する典型的な論点ですが、従来、内縁を選択されるケースは、何らかの事情があるため、事実上、夫婦として暮らしているが、入籍はしない、ある...

 「非嫡出子」(結婚していない男女の間に生まれた子。婚外子)の相続分については、かつての民法900条4項但書の規定によって、永く、「嫡出子」(結婚している男女の間に生まれた子)の半分とされてきました。 以下、事例をもとにご説明しましょう。 男Aさんが、女Bさんと結婚して、子Cさ...

 最近では少なくなってきているようですが、婚約に際し、男性側から女性側へ、結納金として一定額のまとまったお金を贈ることがあります。 このように、婚約に際して結納金を贈っていた場合、婚約を解消するとなると、女性側は、受け取った結納金を返さなければならないのでしょうか。 結...

 以前、離婚に伴う財産分与に関するコラムにおいて、退職金が財産分与の対象となることがあるというお話をしました(→離婚に伴う財産分与(後編))。 もっとも、退職金は、多くの場合、将来に支給が予定されているものであって、支給時の会社の業績如何によっては、財産分与の時点における額面...

 最近、当事務所では、婚外子を巡るご相談が増えています。 そこで今回は、婚外子について生じる法律問題について、ご説明したいと思います。 婚外子とは、戸籍上、婚姻していない男女の間に生まれた子供のことで、法律上は、婚姻している夫婦間の子である「嫡出子」に非ざる子ということ...

 「結婚の約束をしていた交際相手から、突然、一方的に破談にされました。慰謝料の請求ができないでしょうか」という相談が、ときおり舞い込みます。 婚約破棄の問題です。 法律上、婚約についての明文規定はありませんが、婚約とは「婚姻予約の合意」という法律行為であって、その不履行...

上将倫プロのその他のコンテンツ

Share

上将倫プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
06-6222-5701

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

上将倫

弁護士法人 松尾・中村・上 法律事務所

担当上将倫(かみまさのり)

地図・アクセス

上将倫プロのその他のコンテンツ