マイベストプロ大阪
村越真里子

夫婦の問題を解決する専門家

村越真里子(むらこしまりこ)

Re;婚かうんせらぴー

コラム

離婚は性格のせい?

2021年7月19日

テーマ:ムラコシズム、つぶやき

コラムカテゴリ:メンタル・カウンセリング

今のようなコロナが始まる前、仕事が終われば、三々五々と集まる居酒屋があり、そこで、友人たちと酌み交わすのが楽しみでした。

皆、結構なアダルト年齢で、人生の酸いも甘いも通過して来た友達。
その友人が、ある日、少し荒れていました。
カウンターに置くコップも、カツンと音がするくらい、乱暴な置き方。

ちょっと、彼のイメージをしてもらうために、人物像を描写しますね。
年齢は50歳過ぎ
やや髪の毛はロン毛で、宴会をする時はギターを持って来て、歌に添って引いてくれます。
若い頃は、氷室京介が好きだったと言えば、タイプだけでも分かって貰えるかな?

若くして結婚して子供は、巣立ち、夫婦二人で暮らしていました。
では、話をもとに戻します。

いつになく荒れています。
苦虫を潰したような顔をして、ビールを飲んでいました。

私「どしたん?」
T「俺、離婚すんねん」
私「なんで?」
T「嫁はんが離婚や、って言ったから」
私「ふ~ん、ほんでTは離婚したいの?」
T「いいや、したくない。そやけど、嫁はんが離婚するって言ったから」
私「ふ~ん、ほな、嫁さんが死ねって言ったら死ぬの?」

こんな単純なやり取りだったと思います。
それから、約5年、今も一応離婚はしないで、夫婦でいるみたいです。

要するに、性格にもよるとは思いますが、彼Tさんは、短気なので、奥様さんが離婚と言ったから、頭に来て、離婚の話が進んで行ったそうです。
でも、奥さんはもしかしたら、Tさんが、離婚だと言われてから、やっと目が覚めて、気づいてくれると思った可能性があるのです。

しかし、言われたTさんは、そこで思考が停止してしまって、りこんが決定的と考えたという事ですが、それより、離婚と言われた事に
ショックを受けたという事です。

いいですか。人って口に出した時が決定ではないのです。
言葉になって出たら、それがテーマだと考えるべきなのです。
ですから、離婚と言ったという事にショックを受ける必要もなく、少し、言葉をデコレーションすると
「Tちゃん、あんたが家庭の事をあまり顧みないようなら、私は離婚もアリかと考えているのよ」という解釈です

つまり、離婚は最悪の時の最終手段なのに、短気な人がこの言葉を聞くと、後にも、先にも、これが決定事項と考えてしまうという事です。
ウン十年も夫婦していながら、お互いの言い回しさえ、読めてないという悲しい現状。

でもね、本当は読めてないのではなく、お互いどこか意地を張っていて、協議を捨てたという事です。

こういう風に離婚を決める夫婦って、意地が先に立ってしまい、ブレーキが利かなくなり、離婚に突っ走るという夫婦もいます。

後で、よく考えたら、何であの時、少し立ち止まる事が出来なかったのか、と考えると、それは、離婚をしなくちゃならない状況というより、意地の方が先行しちゃったと言う方も多いのです。

こんな風に、離婚は、そうしなければならない事情というより、歯止めが効かなかったというケースもあるので、これは互いに意地っ張りのせいで、離婚と言うのは悲しすぎます。

離婚というテーマになった時に、互いの性格が前に出ないような注意をするだけで、方向転換できるという話です。
と、いう事で、Tさんは、もしあの時私が横に居なかったら、恐らく離婚になってしまっていた勢いでした。
短気は損気。
離婚に勢いは必要ありません。
牛の反芻のように、何度も何度も、咀嚼してみる必要がありますね。

では、今日はここまで。

問合せ申込みhttps://ssl.form-mailer.jp/fms/7b7bbe1b573537
夫の「二度としない」は信じられるか?https://mbp-japan.com/osaka/fu-fu-all-ok/column/5026580/
LINE@始めました。
IDで検索の場合は@nuz2969r
URLはクリックhttps://line.me/R/ti/p/%40nuz2969r

この記事を書いたプロ

村越真里子

夫婦の問題を解決する専門家

村越真里子(Re;婚かうんせらぴー)

Share

関連するコラム

村越真里子プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
06-6366-1100

 

昨今は LINE電話も活用。
ファイス TO フェイスが スマホで可能になりました。

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

村越真里子

Re;婚かうんせらぴー

担当村越真里子(むらこしまりこ)

地図・アクセス