マイベストプロ大阪
村越真里子

夫婦の問題を解決する専門家

村越真里子(むらこしまりこ)

Re;婚かうんせらぴー

お電話での
お問い合わせ
06-6366-1100

コラム

裁判は秘密裏に行える

2019年10月28日

テーマ:ムラコシズム、つぶやき

コラムカテゴリ:メンタル・カウンセリング

今日、お伝えしたい事は、裁判に付いてです。

私のところへの相談事でも、相談者が既に裁判を、浮気相手に申し立てしているケースがあります。

また、それ未満の方でも、夫の浮気相手に訴えを起したいけれど、人に知れたらどうしようかと心配で、結局何も出来ないと
諦めてしまっている人がいますので、今日は、裁判ごととは言え、人にはわからないと言う事について書きますね。

ここ数日は、チュートリアルの徳井義美さんが、税金未納の事で、大騒ぎになっています。
でも、それまでは、あれだけ毎日のようにテレビに出ていて、まさか、税務署からの処分があった事など、誰も知りません。
あんなに有名人でも、これまで誰も知らなかったのです。
その上で 10月26日に新たなニュースが・・・・・・
徳井さんは、以前税金未納で、預金通帳を差し押さえされていたそうです。
おまけに、社会保険料も払ってないというより、社会保険に未加入だったのです。
と、いう事は 当然年金も掛けていないことになりますね。
テレビで、コメンテーター等をしていて、少なからず、税金の話や、年金の話が話題になったときはあったとおもいます。
それなのに、こうなるまで、誰も知らなかったのです。
と、いう事は、我々のような一般人が、裁判を掛けたところで、誰も分かるはずが無いという事を知って欲しいのです。
徳井さんは有名人ですから、こうなれば、色々重箱の隅を突くように、これからは、色々穿り出されるでしょう。
でも、これは、「こういう事が疑わしい」と考えてこそ、怪しい事を調べるのです。
人は何も怪しいとも思っていない事は調べようはないのです。
だから、裁判のような公の場所で、行う事は、人に知られるからやりたくないというのが理由で、裁判や調停なども控えたいといわれますが、まずは一般人の裁判などは誰にも分かるはずがありません。
と、いう事で、人に知られるのがいやだから、裁判もしたくないというのは、誤解です。
人には知られません。
徳井さんの今回のことにしても、行政処分を受けたそうです。
これは裁判所命令で行う事ですが、あれだけの有名人でも
誰も知る由もないのです。

裁判とか、差押さえとか、知ることにメリットある人が、目的を持って調べない限り、誰にも分からないのです。

当方に来られる方は、裁判をする事に、世間に知られたらどうしようかといわれますが、それはまずないので安心してください。

またテレビで見るような裁判をイメージされていますが あんな大きな法廷では裁判は行いません。
裁判官が、黒い服を着て、正面に3人並んで、傍聴席には、人が大勢座っているという光景をよく見ますが、あれは犯罪、つまり刑事事件だからですが、我々が行う不倫相手への慰謝料請求のような事は 例え裁判をしても、少人数制の小部屋です。
傍聴席になどはあっても、座っている人を見たことがありません。
つまり、当事者だけでする場合が殆どでで、弁護士をつけた場合は、代理で弁護士が出廷します。
と言うことは、誰と誰の裁判かも、よほどそれを探して傍聴しない限り、誰もあなたのご主人の愛人との裁判などは関わってこないのです。
だから人に知られるという不安は持つ事はありません。
元々あなたのご主人が、よほどの有名人でなければ、誰も知る事はないのです。

先日から 調停や裁判の事について書いていますが 一般の方は そういう裁判などは殆ど、縁が無い人生が普通ですから、裁判等とは未体験であることが当然です。
でも運悪く そういう機会をに見舞われたら、知らないより、知っておいたほうが良い事は多々あります。
特に 「裁判沙汰」と言う言葉がありますが、中には それを必要とする事案がおきることがあります。
例えばご主人が、浮気をして、その女性と引き離す為に、裁判を貴女が起こす必要が生じたとします。
それを相談される事はよくあるのですが、変な感じで、「裁判を申し立てたい」と言いながら、反面、裁判は避けたいとと言うのです。
複雑ですね。
確かに、夫に裏切られて、相手の女性からも、妻の立場を揺さぶられて、怒りに拳を振り上げたはずです。
一日も早く、夫と浮気相手を引き離さないと、居ても立っても居られなくなり、浮気の証拠を撮り、裁判で慰謝料を取りたいと
怒り心頭で、物事を進めて行っても、いざとなると、「裁判は人に知られませんか?」と急に腰が引けてしまうようです。
特に、マンション住まいなどではなく、昔からの地元の名家であったりすると、近所の人に裁判が知れ渡らないか?とか
または、仕事などでも、大企業で、名前の知れた方なら、そういう名前に傷が付かないかと心配されます。

また 個人的に裁判をしているかどうかは、それなりに調べたら分かるかもしれませんが、それを調べるには時間も労力も、お金もかかるかもしれません。
それをしてでも知りたい人は、その人なりのメリットがあるからで、一般の人間は、目的をもって調べないと、他人がどんな訴えごとをしているかは分からないのです。

例えば、浮気相手の女性を相手取って裁判を起したところで
誰にも分かりません。

今回のような有名人の徳井さんだって、週刊誌の記者が、それなりの目的を持って、関係各所に足を運んで、初めて発覚することです。
誰が税金を払ってない。例え罰せられる程度の悪戯であっても、それを他人が知る事が出来ないのも、今の日本です。
そういう事で、裁判などが人に知れる事はありません。
だから、自身の夫の名前も出ない訴え事は誰にも知られずに行えますから、心配する必要はないと思います。
何も怖がる事はないと言う事をまずは知って下さい。
Re婚かうんせらぴーには、法律面のサポートをしてくださる弁護士の先生もアドバイスをしてくれますし、法的手続きが必要であれば協力をしてくださいます。
なんでも、気楽にご相談をしてくださいね。
では今日はここまで。

問合せ申込みhttps://ssl.form-mailer.jp/fms/7b7bbe1b573537
夫の「二度としない」は信じられるか?https://mbp-japan.com/osaka/fu-fu-all-ok/column/5026580/
LINE@始めました。
IDで検索の場合は@nuz2969r
URLはクリックhttps://line.me/R/ti/p/%40nuz2969r

この記事を書いたプロ

村越真里子

夫婦の問題を解決する専門家

村越真里子(Re;婚かうんせらぴー)

Share
関連するコラム