まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ大阪
村越真里子

夫婦の問題を解決するプロ

村越真里子(むらこしまりこ)

Re;婚かうんせらぴー

お電話での
お問い合わせ
06-6366-1100

コラム

悲しみからの脱却

極寒の季節から、少し暖かくなると、少しの事でも倍ほど幸せに感じます。
冬の寒さを体験する雪国の人ほど、春の暖かさが肌身に沁みるはずです。
生きている中、誰も傷つけずに人生を送る事は難しいですが、傷つけられた立場とは、感じ方が違います。
誰の苦しみが、1番酷くて、誰が2番とは言いません。
でも確かに、傷つける側と、傷つけられる側とでは、後に残る思いが違います。
私は桜の季節が嫌いです。
桜の美しさが、よけいに悲しくって、いやな体験が蘇ります。
子育てに必死だった若い頃、どういう訳か、春になると私の元夫は事件?を起こしました。
子供が卒園式を目前に、「この暮らしが無くなる」という危機感に恐怖を覚えてました。
元夫の心は、家庭の外に向いています。
4月から、子供が学校に進み、子供の将来を応援する父親ではなくなり、一人の浮気男になって、家庭を捨てようとしている事件が時々起きて、卒園式や入学式は、私一人でこなさないといけません。
ランドセルを買う事も,私一人。
学習机を買おうとすると、元夫は、「本当に勉強をするなら、どこででもできる。みかん箱で充分だ」と言い、机を買う事を反対しました。私はそれが元夫の教育方針だと思って、我慢をするしかなかったのですが、今にすれば、なんのこっちゃない。
自分の遊びの為にお金を使いたかっただけ。
元夫の本音がわかるのは、もっと後からでした。
具体的に言うと、浮気の事が解って・・・・そして私も自分の「父親なら子供の成長だけを楽しみにするはず」という幻想を捨ててから、初めて元夫の本音が見えてくるのは、もっと後なのです。
家長である元夫は、こうあるべき。
父親なら何が何でも子供を一番に考えるべき。
・・・・・こうした「べき」という考えを、頭から消した途端に、現実は、そのままを見せてくれました。
べき的な眼鏡で、物事を考えると、それは「べきのフィルター」を掛けているので、現実を見えなくさせているのは、誰でもなく、私でした。
夫の気持ちを知りたいと思われる妻は多いです。
でも、みんな、真意を測る前に「夫ならばこうあるべき」という最低基準があり、その基準に反する夫の行動に、「何故こんな事をするのだろう?」と、疑問は持っても、疑問で終ってしまうのです。
では、どうして、疑問止まりなのでしょう。
つまり「夫や父親はこうあるべき」という水準が邪魔をして、それ以外の事はあってはならないと考えています。だから、そこで思考が停止してしまうのです。
もちろん、あってはならない事は解るのですが、でも、もう起きてしまったのです。
それをあってはならない事をいう考えをすると、そこで蓋をしてしまいます。
何故?何故?という疑問だけで終るのは、現実を直視できていないから。
何故なの?不思議でならないという「不思議の国アリス」になってしまっています。
不思議止まりで物事を考えるのは現実を見ていない。つまり現実逃避なのです。
そういうタイプの妻は、いくら夫の行動に疑問を抱いても、それ以上は進めません。
私のところに相談に来られて、私がご主人の行動を分析しても、それが受け入れられない。
いつまで経っても、「何故、そんな嘘を付くのか、不思議なんですよね~」という事ばかりを言い、その先のアドバイスが頭に入ってきません。
その理由は、考え方の主軸が、妻(私)なのです。
つまり裏切られる「自分」が主役で、裏切られた恨みで、そこから出ないのです。
でもこれは、ちょっと、自分という考えを捨ててみることで、抜け出る事が出来ます。
裏切られて、傷ついてる自分をちょっと、横において、登場人物の誰にも感情を持たせない物体だと考えてみるのです。
これが客観的に問題を見ることが出来る秘訣です。
自分の考えというフィルターを掛けずに、物事を見たときに、初めて、真実の視界が広がります。
私も長い間、このフィルターを掛けたままで、元夫を見ていました。
家族を裏切るはずがない、という私の幻想を捨てた途端に、すべてが見えました。

で、冒頭に戻りますが、私は春になると、何かを起こす元夫のお陰で、桜が散ると、私の涙のように見えてしまい、はらはら散る桜の季節は、いまだに、悲しい感情が蘇ります。
テレビでは、新入学の子供を応援する歌が流れ、子供は無邪気に飛び跳ねて歌っていましたが、私はいまだに「ドッキ,ドキドキ一年生♪」の歌は、いまだに涙がこぼれます。
「友達100人作るんだ♪」もいい歌なのに。
多分、元夫はこんな私の感情なんて知らないだろうな~
苦しみは与えた者は、案外残っていないものですが、苦しんだ方は、その時期に一瞬で引き戻されます。

今年は、孫が小学生1年生になります。
もういつまでも過去の悲しみに引き戻されるのは止めます。
純粋に桜を楽しみたいと思います。
こうして自分の感情に流されず、自分で悲しみのループから抜け出る事はできます。
皆様も、留まっていてはいけません。流れる川が綺麗なように、留まらないで行きましょう。
では今日はここまで。

まとめ
[[夫婦修復の大前提と根幹http://mbp-osaka.com/fu-fu-all-ok/column/31334/]]
小心者と臆病者
浮気を止めさせる為のセオリー

この記事を書いたプロ

村越真里子

村越真里子(むらこしまりこ)

関連するコラム

村越真里子プロのその他のコンテンツ

Share

村越真里子プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
06-6366-1100

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

村越真里子

Re;婚かうんせらぴー

担当村越真里子(むらこしまりこ)

地図・アクセス