まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ大阪
村越真里子

夫婦の問題を解決するプロ

村越真里子(むらこしまりこ)

Re;婚かうんせらぴー

お電話での
お問い合わせ
06-6366-1100

コラム

妻に抱く不倫(倫活)をする夫の心

倫活

2016年6月8日 / 2016年6月9日更新

日本の不倫の確率はご存知でしょうか。男女1000人を対象にした調査によると、夫は26.9%、妻の16.3%が不倫しているという結果が出ています。
夫は10人に約3人が不倫=倫活をしているということです。仕事や飲み会で朝帰りが増えるなど「もしかして自分の夫が…?」となる前に、倫活(不倫)する夫の心理状態を知ってほしいと思います。

妻が甘えさせてくれないからと倫活(不倫)をする夫の心とは

夫が甘えん坊なタイプの場合、結婚後に妻に甘えられなくなったら、夫は倫活(不倫)へと向かいやすくなります。

甘えん坊タイプの男性は恋人同士の頃からスキンシップが多かったり、かまってもらおうと甘えた言葉遣いをしたりしているはずです。これは相手を信頼しているからこそできることで、自分のすべてをさらけ出しているのです。

それが、結婚後に甘えさせてくれなくなったらいったいどう思うでしょうか。「なぜかまってくれないのか」「愛情がなくなったのか」と疑念や不信感をもちます。

甘えん坊タイプではない夫でも、例えば仕事で嫌なことがあった場合に、そのことを話すのではなく、なんとなく妻に甘えて癒されたい時があります。それなのに甘えられなかったら、一番気持ちを許している妻に受け入れられていないと感じ、フラストレーションが溜まっていきます。

「忙しくて疲れているから」「相手をするのが面倒くさいから」と夫の甘えたい気配を感じても避けたりすると、夫は甘えたい気持ちを受け入れてくれる相手を求めてしまいます。

妻がセックスをしてくれないから倫活(不倫)をする夫の心とは

夫が倫活(不倫)する大きな理由に性欲が関係します。男性というのは、性欲を満たすことは食事や睡眠と同様に大切なことなのです。
共働きで疲れて帰ってきたときに、夫に求められても家事や翌日の仕事を優先して拒んでばかりいると要注意です。

また、妻が妊娠中で健康的にも衛生的にもセックスができない時期に倫活(不倫)する人も多いようです。妻にしてみれば、安全面を考えてセックスを拒むことも多いのではないでしょうか。
このようにセックスを拒まれたり、できない状況は、夫にとっては愛されたいという欲求とセックスしたいという欲求が満たされなくなるのです。

妻が社会的に認められていると倫活(不倫)をする夫の心とは

妻が仕事をバリバリとしているキャリアウーマンの場合、結婚前からそれはわかっていてパートナーシップを持てると思っていても、徐々に「この人はひとりでも生きていけるのではないか」と感じてしまう場合があります。

自分より稼ぎのいい奥さんがいると、夫は妻を「守ってあげたい」と思いにくいものです。そのうち夫は肩身が狭くなり、一家を支えている感じが持てずにプライドが傷ついてしまうタイプの夫もいます。

最近では妻が働いて夫が主夫をする家庭もありますが、あとから妻の稼ぎがよくなったりすると、落ち込んでしまう場合もあるようです。
そして、自分を必要としている女性や守ってあげたいと思う女性に心が動いてしまうことがあるのです。

まとめ
[[夫婦修復の大前提と根幹http://mbp-osaka.com/fu-fu-all-ok/column/31334/]]
小心者と臆病者
浮気を止めさせる為のセオリー

この記事を書いたプロ

村越真里子

村越真里子(むらこしまりこ)

村越真里子プロのその他のコンテンツ

Share

村越真里子プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
06-6366-1100

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

村越真里子

Re;婚かうんせらぴー

担当村越真里子(むらこしまりこ)

地図・アクセス