マイベストプロ岡山
津谷良

入れ歯と訪問歯科診療のプロ

津谷良(つたにりょう) / 歯科医

津谷歯科医院

お電話での
お問い合わせ
086-276-4911

コラム

使いやすい部分入れ歯は金属床義歯に限ります

2022年4月26日

テーマ:金属床部分入れ歯

コラムカテゴリ:医療・病院

皆さん、こんにちは!いかがお過ごしですか?
津谷歯科医院 院長の津谷 良です。





部分入れ歯を初めて入れた時どのような感想をお持ちでしたか?
「口の中が狭くて気持ち悪い」
「話づらい」
「食べ物の味が変わった」

部分入れ歯は歯の無いところを補う入れ歯ですが、入れ歯を安定さすために残っている歯に多くの維持装置を付けるために、意外と部分入れ歯が邪魔になるものなのです。

しかし歯を失ったまま放置していると、残った歯がずれたり、傾いたりして早期に残った大切な歯を抜歯しなければならなくなることもあります。また歯を失って食べにくいため、顎のかみ合わせがずれたり、細い前歯で.無理やり噛むために、歯が折れたり、欠けたりと意外と残った歯に大きな負担を強いているのです。

やはり抜歯した傷が治癒すると早期に部分入れ歯を入れられることが残った歯を守るためにも大切な事となります。

薄くて気持ちの良い金属床義歯
 部分入れ歯の口の中のプラスチック部分を約1ミリの厚みの金属で薄く作り、話やすく、
 食べやすい金属床(健康保険適用外) 
 義歯部分入れ歯は金属床タイプの入れ歯が最適です。

 金属床の特徴は強度があり、従来のプラスチックだと3~4ミリ必要な厚みも1ミリと薄くでき、
 食べ物の温度も伝わりやすく、入れ歯に舌が接触する部分が金属のプレートで会話時も滑舌が
 スムースに快適にご使用いただけます。
 この装置ですと従来の入れ歯の異物感に馴染めない方でも、かなり早期に馴染ん
 で頂いています。
 「カチッと入れ歯」や「やわらかい部分入れ歯」も金属床タイプの部分入れ歯です。 
 部分入れ歯はぜひ快適な金属床をお勧めします。
 

この記事を書いたプロ

津谷良

入れ歯と訪問歯科診療のプロ

津谷良(津谷歯科医院)

Share

関連するコラム

津谷良プロのコンテンツ