マイベストプロ岡山
津谷良

入れ歯と訪問歯科診療のプロ

津谷良(つたにりょう) / 歯科医

津谷歯科医院

お電話での
お問い合わせ
086-276-4911

コラム

入れ歯で話づらい問題は金属床部分入れ歯で解決

2020年7月28日

テーマ:金属床部分入れ歯

コラムカテゴリ:医療・病院

皆さん、こんにちは!いかがお過ごしですか?
津谷歯科医院 院長の津谷 良です。



部分入れ歯使用時の患者さんのご不満に「話しづらい」ということがあります。

上顎(うああご)の裏側に入れ歯の床(入れ歯のベースの台)が付いた時、
例えば前歯4本が歯が喪失しており、左右の奥歯の裏側まで部分入れ歯の床が伸びた場合など、
このような状態では歯のない場所を補うために隣接部の犬歯、小臼歯部まで裏側まで
部分入れ歯の床が厚みを作って、話しづらいという問題が生じます。

それはプラスチックの厚みが関係しています。
特にかみ合わせ(上顎と下顎)の高さが特に低い方ほど話しづらく感じます。

奥歯の被せ物を作って高さを上げることもありますが、
上下全体の治療となるとこれは大ごとです。
むしろ問題の無い歯まで削ってとなると無理でしょう。

こんな時やはり頼りになるのは金属床の入れ歯です。
先ほどのケースですと上顎の裏側の床の厚みが約1~2ミリと薄いので、
多くの場合各段と話しやすくなります。

インプラントは怖い、とお考えの方には最適です。
また費用対効果の上でもインプラントと比べると安く抑えられます。

当医院では患者さんに合わせた様々な入れ歯の設計を行っています。
部分入れ歯でお悩みの方はご相談ください。

この記事を書いたプロ

津谷良

入れ歯と訪問歯科診療のプロ

津谷良(津谷歯科医院)

Share

関連するコラム

津谷良プロのコンテンツ