まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ大分
諌山正典

満足度の高い歯科治療のプロ

諌山正典(いさやままさのり)

NOAH DENTAL OFFICE(ノアデンタルオフィス)

お電話での
お問い合わせ
097-533-7100

コラム

ノアのこだわり 15 デンチャー(義歯)とインプラント、どちらを選ぶ?

ノアのこだわり

2014年5月26日

 歯の無くなってしまった部位を補う方法として、デンチャー(義歯)とインプラントという二つの方法があります。デンチャー(義歯)とは、自分で取り外しができる、通称「入れ歯」と言われるものです。インプラントとは歯茎に金属の支柱を打ち立てて、その上に人工の歯を被せるものです。「違和感がない」「自分で取り外さなくて良い」「自分の歯のように噛める」等々、とかくインプラントがもてはやされている昨今ですが、同時にデメリットも考慮する必要があります。
 インプラントは一度骨に埋入すると、骨と金属が化学的に結合し、もし違和感や不調をきたし、患者さんが取り除きたいと思った時に、骨も一緒に削らないといけなくなるので、大きな犠牲を払うことになります。また、天然歯に存在する歯根膜というクッション部分がインプラントにはないので、微妙な咬み合わせの調整の段階において、天然の歯とのバランスをとるのが非常に難しく、歯や補綴物(かぶせもの)が破損しやすいことがあります。
 当院では、治療の順序として、まずデンチャー(義歯)をお試し頂きます。インプラント治療をするにしても、まず、仮のデンチャー(義歯)を用いて咬み合わせを整えるのがセオリーなので、そのプロセスできちんと機能するデンチャー(義歯)をお作りし、その違和感がどうしても我慢できない方にはインプラントをお勧めするようにしています。
 その結果、開業して丸11年が経ちますが、これまでにインプラントを最終的に選択された方はたったのお二人。デンチャー(義歯)でもきちんと製作すると、大抵の場合、ご満足頂けるものなのです。誰でも外科処置はできるだけ避けたいですからね。
 セオリーに則り、余分な痛みや外科処置を避けるのもノアのこだわりの一つです。

この記事を書いたプロ

諌山正典

諌山正典(いさやままさのり)

諌山正典プロのその他のコンテンツ

Share

諌山正典プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
097-533-7100

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

諌山正典

NOAH DENTAL OFFICE(ノアデンタルオフィス)

担当諌山正典(いさやままさのり)

地図・アクセス

諌山正典のソーシャルメディア

facebook
facebook

諌山正典プロのその他のコンテンツ