まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ奈良
上北洋介

親身に話を聴き解決策を提案する相続のプロ

上北洋介(うえきたようすけ)

司法書士法人SEALS奈良オフィス

上北洋介プロのコラム一覧:相続・遺言

学園前司法書士事務所の司法書士上北です。お読み頂いてありがとうございます。様々な理由で養子縁組がされています。相続との関係ではどうなるのか?という点を考えたいと思います。(特別養子縁組は特殊なケースですので考慮しません)通常の養子縁組(普通養子縁組)ですと、相続上...

学園前司法書士事務所の司法書士の上北です。お読みいただいてありがとうございます。一般的なですが、遺産分割協議の話です。遺産分割協議とは、亡くなった人(被相続人)の財産(遺産)を相続人でどの財産をどの相続人が取得するのか、相続人全員で協議することです。遺産分割協議の特...

学園前司法書士事務所の司法書士の上北です。お読みいただいてありがとうございます。相続人の方が海外に居住されている場合(国籍は日本人)、といっても手続きは同様になるのですが、印鑑登録という制度が海外にはないため、別の手続きが必要になります。印鑑証明書の代わりに署名(サイ...

学園前司法書士事務所の司法書士の上北です。お読みいただいてありがとうございます。夫婦間に子供がいない場合、遺言がなければ、相続人(特に残された配偶者)が苦労する場合が多いです。まず、相続人は、残された配偶者と亡くなった方の兄弟姉妹(またはその兄弟姉妹が亡くなっている場合...

学園前司法書士事務所の司法書士の上北です。お読みいただいてありがとうございます。相続人が多数になる場合、遺産分割協議が成立したとしても、遺産分割協議書の押印人数が多数になり、一同で集まらないケースがあり、遠隔地に相続人がいる場合、郵送で持ち回りで押印してもらうと時間がかか...

学園前司法書士事務所の司法書士の上北です。お読みいただいてありがとうございます。未成年の孫を養子をするケースがあるようです。(相続税対策としても結構多いようです)このケース、注意しなければならないのは、親権の移動です。未成年の孫を、祖父母が養子にした場合、親権者は養親...

学園前司法書士事務所の司法書士の上北です。お読みいただいてありがとうございます。連帯保証人になられた方がなくなった場合、連帯保証人の地位は相続されるのか?という点です。結論から申し上げますと、連帯保証人の地位は相続されます。但し、全額返済義務があるわけではなく、相続分...

学園前司法書士事務所の司法書士の上北です。お読みいただいてありがとうございます。よく、相続で、「売却する予定なので、相続登記はやめておきます」と言われることがあります。相続人の方が不動産を売却する場合、相続登記にて、相続人の方に名義変更しておかないと、売却による移転登...

学園前司法書士事務所の司法書士の上北です。お読みいただいてありがとうございます。公正証書遺言は公証人が作成します。公証人は各法務局管轄で業務を行っていますので、公証人は管轄内でしか公正証書遺言の作成ができません。公証役場で作成すれば、管轄内で業務を行っていますので、...

学園前司法書士事務所の司法書士の上北です。お読みいただいてありがとうございます。遺言による相続登記において、相続人に対して、「相続させる」などの文言の場合、相続登記に添付する戸籍謄本は、亡くなった方の戸籍謄本(死亡の確認)、不動産を取得される方の戸籍謄本(亡くなった方との...

学園前司法書士事務所の司法書士の上北です。お読みいただいてありがとうございます。遺産分割協議書の印鑑証明書についてです。相続登記に添付する書類に関して言えば、印鑑証明書に有効期限はありません。被相続人の死亡以前の印鑑証明書であっても、問題はありません(但し。遺産分割...

学園前司法書士事務所の司法書士の上北です。お読みいただいてありがとうございます。未成年の方が相続人にいる場合、未成年者は単独で遺産分割協議に参加することはできません。それでは、親権者である親が代わりに遺産分割協議に参加すれば・・となる訳ですが、父親が亡くなった場合で想...

学園前司法書士事務所の司法書士の上北です。お読みいただいてありがとうございます。自筆証書遺言は以下の要件がなければ、無効です。➀全て自筆で記載する②遺言作成日を自筆で記載(正確な年月日)③自筆で署名④押印上記を満たしていれば、家庭裁判所の検認を経れば(時間はかかり...

学園前司法書士事務所の司法書士の上北です。お読みいただいてありがとうございます。今回は戸籍についてです。兄弟姉妹の方が相続人になる場合、集める戸籍はかなりの多数になる場合があります。兄弟姉妹は相続順位が第三順位になりますので、第一順位の子、第二順位の直系尊属(父母...

学園前司法書士事務所の司法書士の上北です。お読みいただいてありがとうございます。公正証書による遺言でない限り、家庭裁判所への検認手続が必要になります。検認手続とは、相続人全員が家庭裁判所に集まり、残された遺言の内容、形状、保管状況などを確認する手続きです(遺言が封印さ...

上北洋介プロのその他のコンテンツ

Share

上北洋介プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
0742-81-8445

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

上北洋介

司法書士法人SEALS奈良オフィス

担当上北洋介(うえきたようすけ)

地図・アクセス

上北洋介プロのその他のコンテンツ