まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ宮城
小野由樹子

気づきに導くプロ

小野由樹子(おのゆきこ)

株式会社キャリアアシスト

お電話での
お問い合わせ
022-797-5093

コラム

転職に失敗!後悔しても前向いて歩こう!

会社や仕事に不満があって転職を決意したのにもかかわらず、転職先もまた満足のいく職場ではなかったということもあるでしょう。前の会社、職場の方が良かったと辞めたことを後悔しても、もう戻れません。

転職に失敗したと後悔ばかりしてもしかたありません。転職先で何かしらの活路を見出す努力をするか、また次の転職を考えるか、気持ちを早めに切り替えて前向きになることが大事です。

転職に失敗したと感じるとき

転職したのに、なぜ後悔することになってしまったのでしょうか。

理由のひとつに、転職先のリサーチが不十分でいい転職ができなかったという戦略的なミスが考えられます。就職活動時に自分をよく見せようとするのは、人も会社も同じことで、実際はそんなにいいことばかりではありません。

そういう意味では、マイナス要因のない転職はない、と考えた方がいいかもしれません。あとは、前の会社を辞めるときに退職理由をよく考えて「自分が納得できないことは何か」「自分が求めることは何なのか」をはっきりさせることができていたかどうかにかかってきます。

まずは、「前の会社より条件のいい会社に転職したつもりだったのに」と思ってしまったら、その転職は失敗だったのかもしれません。

条件面で不満が出る場合

転職活動のときには会社の業績や労働条件などを調べ上げて、「ここなら」と思ったところにアプローチをしてきたはずです。よもや、条件面で不満が出るとは思わなかったでしょう。給与体系・勤務日・勤務時間・休暇日数などの基本的な情報は、求職者に明らかにすることを法的に義務づけられているので、実際にそこが違っていたという場合は、転職先の会社の違法行為に当たるので、しかるべき機関に訴え出るべきです。

ただし、会社の説明を正しく解釈できていなかったというケースもあるので、契約時によく確認することが大切です。

「給与の手取り金額の認識が違っていた」「もらえると思っていた手当に条件がついていた」「休暇日数は十分でも休暇を取れない時期があった」など、あとで「しまった」と思わないようにしましょう。

「やっぱり前の会社が働きやすかった」と後悔したら、それも失敗でしょう。自分では、もっと上を目指して頑張れると思って少しムリ目の仕事にチャレンジしてみたけれど、身の丈に合わなかったということもあります。

逆に、ゆっくりと仕事ができて、しかも定時で帰れる職場を求めて転職したけれど、のんびり過ぎて毎日つまらなくなったということもあるでしょう。

また「思っていたような仕事ではなかった」「条件はいいのだけれど職場に気の合わない人がいた」など、実際に働いてみないとわからないこともあります。

「失敗した」と思っても、気持ちに折り合いをつけて働き続けるか、すぐに次の転職先を探すか、思案のしどころです。

転職に失敗する人の特徴

転職してキャリアアップに成功する人がいる反面、何度転職しても思うような職場に巡り会えず、転職を繰り返してしまう人もいます。転職に失敗する人はどのような人なのでしょうか。

ひとつには、“理想が高すぎる”ことが理由かもしれません。常に自分の理想の仕事や職場を求めて妥協しない人は、おそらく、一生かかっても満足できるところを見つけることはできないでしょう。

人間関係や職場環境を感覚的に判断してしまう人も、転職が成功しづらいかもしれません。人付き合いはどの職場でも難しいことには変わりありません。個人の性格の問題になってしまいますが、「人付き合いが苦手」なのであれば、希望職種や働き方の見直しも必要でしょう。

会社を辞める際に「仕事・職場がイヤだから」という理由だけだと、転職はなかなか難しいようです。感情的、感覚的な判断に頼らず、冷静な判断で、綿密なリサーチと万全の準備が必要です。

後悔した場合の対処法

思うような転職ができなかったとき、先々希望の持てない職場であったら、すぐに次の転職の準備をしましょう。

不満を抱えながら後悔ばかりするのは時間のムダです。せっかく新しい環境で頑張ろうと思ったのに、前職と同じような悩みが生じたり、新たな悩みを抱えてしまったりと、気分が落ち込んでしまいますが、できるだけ早く前向きになって行動しましょう。

また、理想の働き方のイメージを持つのは大切なことですが、現実との擦り合わせも必要です。何の不満も生まれない職場はありません。「失敗した」と思ったら、自分はどこに不満があるのか、我慢できないほどの不満なのか、自分で改善できないことなのか、将来的にも改善が難しいことなのか、を冷静になって分析してみましょう。

その上で、前の会社で不満だった点がある程度解消できているのであれば、ひとまず転職は成功と考えましょう。転職して日が浅いのであれば、新しい環境に馴染めていないだけかもしれません。

転職で成功する人は、転職先の細かい条件にはあまりこだわらないといいます。何ごとも前向きに考えて、自分で問題解決していける人は、順調にキャリアアップできるのです。

後悔しない転職とは

転職先で後悔しないためには、会社を辞める前に自分の能力や希望する働き方をじっくり検証しておきましょう。その上で、希望職種の業界リサーチや希望する会社の情報収集などをしてしっかり準備することが大切です。

何度も言うように、感情的になって退職してから「なんとかなるさ」では、よほど運が良くなければ失敗してしまいます。一度正社員として採用された会社なのですから、何が問題だったのかをちゃんと把握しておきましょう。転職活動で同じ間違いをしないためにも検証は必要です。

自分が何をしたいのか、何に満足するのかがわかっていれば、ブレることはありません。転職先の業績が急に悪化したとか、実は隠れブラック企業だったなどの場合を除いて、転職先で多少何かがうまくいかなくても、自分で問題解決していくことができます。

「絶対後悔しない転職」はないので、後悔しないと決めることも必要かもしれません。

この記事を書いたプロ

小野由樹子

小野由樹子(おのゆきこ)

小野由樹子プロのその他のコンテンツ

Share

小野由樹子プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
022-797-5093

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

小野由樹子

株式会社キャリアアシスト

担当小野由樹子(おのゆきこ)

地図・アクセス

小野由樹子プロのその他のコンテンツ