マイベストプロ京都
清水宏

土地の有効活用に強い相続のプロ

清水宏(しみずひろし)

清水宏税理士事務所

コラム一覧

RSS

【セミナー無事終了しました!】

【セミナー無事終了しました!】

本日、京都信用金庫 下鴨支店 2階コミュニティホールにて「くらしのお役立ちセミナー」を開催いたしました。お暑い中お越しいただいたみなさま、ありがとうございました!今回お越しになれなかった方も、ま...

【くらしのお役立ちセミナー】のお知らせ


6月24日(水)の13時30分より、京都信用金庫 下鴨支店 2階コミュニティホールにて「くらしのお役立ちセミナー」を開催いたします。今回は「相続税・贈与税の基礎知識と主な控除制度」についてです。...

【セミナー無事終了しました!】

【セミナー無事終了しました!】

2015-04-24

本日、京都信用金庫修学院支店にて「くらしのお役立ちセミナー」を開催いたしました。お越しいただいたみなさま、ありがとうございました!今回お越しになれなかった方も、また機会がございましたらぜひご...

【くらしのお役立ちセミナー】のお知らせ


4月24日(金)の14時より、京都信用金庫修学院支店にて「くらしのお役立ちセミナー」を開催いたします。興味を持たれた方は是非ご参加ください!↓詳しくは下記URLからPDFチラシをご覧ください。くら...

【スマホで経営】

【スマホで経営】

2015-03-02

弊税理士事務所、初めてのクラウド会計サービス、いよいよ開始です!「経理に時間やお金をかけたくない」「Macやタブレットでも会計ソフトを使いたい」「バージョンアップが面倒」などなど…このような...

【事業を始める際の資金調達について+α】

2014-11-11

前回まで、開業資金についてお話してきました。そこでも申し上げた通り、開業資金については「日本政策金融公庫」から借りる、というのが一般的ではあります。では、銀行や信用金庫等の金融機関は関係ないの...

【事業を始める際の資金調達について3】

2014-11-07

また、初めて事業を起こす方に限らず、昔事業をされていた方がまた新たに事業を始める場合には、「再チャレンジ支援融資」というものがあります。当然、過去の廃業の理由が、放漫経営をしていたのが原因で…と...

【事業を始める際の資金調達について2】

2014-11-04

前回お話した、日本政策金融公庫で借りられる開業資金について具体的に言いますと、通常の新規開業資金の貸付けというのは、最高7200万円、そのうち運転資金に関しては4800万円までです。返済期間について...

【事業を始める際の資金調達について1】

2014-10-31

今から個人で事業を始める、あるいは法人を設立して事業を始めようというときに、まずどうやったらお金を借りられるのかについて、何回かにわたってお話していこうと思います。事業を始める際、自己資金の...

【取引先に対する災害見舞金等】

2014-09-26

取引先に対する災害見舞金等について、お話します。例えば東日本大震災等で被災され、被害を受けられた得意先に災害見舞金を支払った場合、通常であると得意先に支払ったということで交際費等に該当するかと...

【生産性向上設備投資促進税制その2】

【生産性向上設備投資促進税制その2】

2014-09-19

前回に引き続き、生産性向上設備投資促進税制についてですが、今回は「利益改善のための設備を導入する場合」についてです。前回お話した「最新設備を導入する場合」については、比較的簡単な手続きで受けら...

【生産性向上設備投資促進税制その1】

【生産性向上設備投資促進税制その1】

2014-09-12

生産性向上設備投資促進税制について、これはどういったものかと言いますと、設備投資によって即時償却または税額控除5%が受けられるといったものです。対象となるパターンは、「最新設備を導入する場合」と...

【社葬費用の範囲】

2014-09-09

法人で社葬費用というものを計上する際、「社会通念上相当と認められる場合において」社葬のために通常必要と認められる金額を損金の額に算入できます。重要なのは、故人が社葬するのにふさわしい、会社に貢...

【贈与税の特例税率】

【贈与税の特例税率】

2014-09-01

贈与税の税率が今回改正になりまして、一般税率と特例税率に分けられる事になりました。一般税率については最高税率が5%上がり、50%から55%に引上げられました。ですが、今回の税制改正で特例税率が創設され...

【交際費と寄付金】

2014-08-24

交際費と寄付金の違いですが、法人の場合どの事業年度の経費にするかについて、この二つは決定的に異なります。交際費の場合は、「支払いをした日」ではなく、「接待をした日」で計上するため、未払いであっ...

コラムのテーマ一覧

清水宏プロのコンテンツ