まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ神奈川
田沢剛

法的トラブル解決の専門家

田沢剛(たざわたけし)

新横浜アーバン・クリエイト法律事務所

コラム

東電OL殺人事件 Part2

2012年6月7日

弁護士の田沢です。
とうとう,再審開始決定が出ましたね。
http://mainichi.jp/select/news/20120607k0000e040160000c.html?inb=yt
この事件は,刑事裁判における有罪の立証というものが,どうあるべきなのかを教えてくれる格好の事件となっています。今回の東京高裁の決定は「無罪を言い渡すべきことが明らかな新たな証拠」が提出されたことが前提となっていますが,第一審の無罪判決を覆して無期懲役の判決を下した東京高裁の判決がなされたときとでは,裁判所に提出された証拠にそんなに大きな違いがあったとは思えません。第一審が無罪判決を言い渡したときに,検察官が提出した証拠だけでは「被告人が罪を犯した認定するについて合理的な疑いを容れない程度の立証」がなされていない,言い換えれば,「被告人を犯人とするには合理的な疑いがあった」ということなのです。「他に犯人がいる疑いがある」以上,検察が言うように「被告人が犯人ではないということにならない。」などといくら足掻いてもだめなのです。検察が立証すべきなのは,「情況が,被告人が犯人であることと矛盾しないこと」ではなく,積極的に「被告人が犯人であること」であり,それに疑いが生じるものである以上,無罪の判決を言い渡すべきことは,刑事裁判の鉄則です。

この記事を書いたプロ

田沢剛

田沢剛(たざわたけし)

田沢剛プロのその他のコンテンツ

Share

田沢剛プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
045-478-2660

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

田沢剛

新横浜アーバン・クリエイト法律事務所

担当田沢剛(たざわたけし)

地図・アクセス

田沢剛のソーシャルメディア

twitter
Twitter
2018-07-18
google-plus
Google+

田沢剛のソーシャルメディア

twitter
Twitter
2018-07-18
google-plus
Google+