まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ神奈川
田沢剛

法的トラブル解決の専門家

田沢剛(たざわたけし)

新横浜アーバン・クリエイト法律事務所

コラム

後遺障害による労働能力喪失

2011年11月8日

交通事故で負傷し,例えば後遺障害12級の認定を受けると,14%の労働能力を喪失するものと扱われます。そこで,被害者の場合には,加害者に対し,症状固定後から67歳までの収入のうち14%が得られなくなるものと擬制して,それを現在価値に換算した金額の賠償を請求することになるのですが,事故前の収入と症状固定後の収入に変動がない場合,賠償請求できないのでしょうか。裁判所は,変動がなくてもそれが本人の努力によってカバーされているなどの要素を検討して賠償請求を認めることが多々あります。では,症状固定後,67歳になる前に別の原因で被害者が死亡した場合において,死亡したところまでの期間の賠償しか認められないのでしょうか。この点について,最高裁は,症状固定後に別の原因で死亡したからといって,賠償すべき逸失利益はその影響を受けないものと判断しています。損害は,すでに事故時に生じていると擬制しているからです。事故時に損害が発生しているものと擬制するのであれば,症状固定後も収入に変動はないといった事後的な事情も,同じように考慮すべきではないとはいえないのでしょうか。

この記事を書いたプロ

田沢剛

田沢剛(たざわたけし)

田沢剛プロのその他のコンテンツ

Share

田沢剛プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
045-478-2660

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

田沢剛

新横浜アーバン・クリエイト法律事務所

担当田沢剛(たざわたけし)

地図・アクセス

田沢剛のソーシャルメディア

twitter
twitter
2018-07-18
google-plus
google-plus