マイベストプロ鹿児島

鹿児島県の専門家コラム一覧RSS

プロが執筆するコラムを新着順でご紹介します。

300件中 1~30

海江田博士

海江田博士

ブランド化への意思を持ちそのメッセージを発信し続けることが肝要―「のれん」と「ブランド」について考える・・「あるもの」と「なるもの」の違い―Ⅵ(おしまい)

2019-02-18

[「のれん」を「ブランド」にまで昇格させようとしない中小企業] 情報発信を先にやる、というのは、日々取り組んでいる日常業務に関する情報やコメントを発信しながら、時代に応じた戦略を固めていく、ということになりま...

海江田博士

海江田博士

明確な戦略とそれを打ち出す意思が必要不可欠―「のれん」と「ブランド」について考える・・「あるもの」と「なるもの」の違い―Ⅴ

2019-02-15

[時代性に特に関係のない基本的な方向性を目指す] さて、規模を大きくしてワンストップ型の事務所にするというやり方と何かのカテゴリーに専門特化するというやり方、上記の2点は、私が自分の事務所のブランディングを図る...

海江田博士

海江田博士

ブランド化しようと思えば大きく2通りのやり方が・・・―「のれん」と「ブランド」について考える・・「あるもの」と「なるもの」の違い―Ⅳ

2019-02-12

[規模の大きさか専門特化を追及する] 私が、自分の事務所をブランド化しようと思えば、大きく次のような2通りのやり方があるだろう、と 思っています。 ひとつは、規模を大きく拡大して様々なタイプの部署を作り、...

海江田博士

海江田博士

ブランド化には明確な意図をもって動かなくてはならない―「のれん」と「ブランド」について考える・・「あるもの」と「なるもの」の違い―Ⅲ

2019-02-08

[ブランドか否かについては自分自身では判断がつかない] 「のれん」を「ブランド」にまで昇華させるにはどうすればいいのか… 例えば、私の事務所は父の代から55年ほど続いている事務所になります。 「のれん」といえ...